【霊的成長するカルマ解消】遺伝子コードの呪縛からの解放

 

私たち人は霊的成長のために

生まれてくる場所を決めて

「誕生」しています。

 

国、民族、土地、両親・・・

特に両親を決めるのは次の誕生で

生前のカルマの解消すべき課題を

善い特質の継承をさせることも

邪心を改善するために

その遺伝子レベルを

刻印させることをしています。

 

 

カルマエネルギーはアストラル体に

刻印されているのですが

 

第5チャクラに

遺伝子コードがあり、

 

このコードの記憶(刷り込み)により

現世の個としての存在の

人格形成をしています。

 

 

遺伝子コードには

集合的レベルの霊的遺伝コードが含まれていて

 

人種、民族集団のコード、

同族、家系のコードというのがあります。

 

 

血族による負の連鎖が続くとき

 

血の繋がりによる家系レベルでの遺伝は

近ければ親子関係からの影響で、

 

様々な思い込みを刷り込み成長するのですが

家系レベルでのカルマを解消しないと

個としての本当の自立にはならないのです。

 

 

人格形成に影響をしているのは

遺伝子によるエネルギーの刻印もあり

 

それにより現世のあなたは特定の価値観を

生まれながらにして

備わっている存在があります。

 

 

思い込みの概念は親からの教育により

培った感情エネルギーによるものもありますが

 

親も同じようなエネルギーに反応する

ある特定の感情に執着し、拭いきれず

それらがネガティブなものほど

(恐怖、不安、嫉妬、妬み・・・など)

気づかないようにしていることが多いのです。

 

 

肉体の身体組織の細胞によって

遺伝的に同じものを刻印していて

霊的な観点から病気を通して

「負の連鎖」を続かせないために

血族のカルマエネルギーの昇華を

させる場合があります。

 

 

家族といった少数単位でのグループで

病気になる人が多い場合

血族の遺伝子レベルで

邪気のエネルギーの存在がある場合があります。

 

 

過去世で同じ「邪心」を持ち

罪を犯したことで

その行為による「罪の償い」を

家族という少数単位で

行っている場合があります。

 

 

昇華されてないカルマは

人生の転換期で

エネルギーは現象として現れてきます。

 

 

長い歴史の中では「伝染病」が蔓延した

ときなどは

地球のカルマ、

その土地のカルマとの相互作用で

民族性のカルマの「闇」が噴出したという

時代もありました。

 

 

高次元の世界への介入を

利己的なことに使い過ぎている場合

人によっては

現世の家族だけでなく

「子孫」までに影響を与える

カルマの不徳を積む人がいるのも事実です。

 

参考記事

 

血は水より濃い・・・

 

人の成長は一人でするものではありません。

 

三次元的にも霊的にも

一人で成長はできないのです。

 

 

血族としての血の繋がりの関わり、

新たな家族となるパートナーなどは

共に霊的成長をする機会を与えられています。

 

 

パートナーはお互いの霊的成長、

課題がクリアになれば

ご縁が切れることも多々あります。

学びが終了したからです。

 

 

日本人という民族性は

血の繋がりによって継承されるものは

善きものも、悪しきものも

本人だけの問題で済まない

遺伝子レベルで民族の性質として

受け継いでしまうことも多いのです。

 

 

親子関係、他者との愛情問題は

第2チャクラに対応しているのですが

 

特に母親と子供は第2身体の感受性で

波長をお互い感じ取る、共振するというのが

 

パートナシップよりも

深いレベルでの繋がりがあります。

(特定の恋愛パートナーでも共振はします。)

 

参考記事

 

 

一人が目覚めることで負の連鎖を止められる

 

よっぽどの「霊障」に

かかっていない限り

血族の負の連鎖は1人が霊的成長をし、

カルマの理解が深まると

血の繋がりによる遺伝子レベルに

好転をさせる機会になることがあります。

 

 

ただ、そこに至るまで

家族関係の悩みが深い場合

家族との絆をよくしたいという思いより

疎ましく感じてしまう

「妨害」の作用が働くことが多くあります。

 

 

霊的観点から観ると

治らない病気ではないのに

慢性疾患が続いている、

親子で抱えている場合などは

 

アストラル体が

正常な働きをしていない場合が多く

魂の治癒力を発達させる

カルマの解消を促されているのです。

 

 

ただ、人体組織は複雑ですので

カルマの作用が好転した場合
(カルマの昇華)

病気の回復をできるように

「人体形成がなされているか?」が

霊的観点から観る「キー」に

なるのは事実です。

 

 

私はこの案件はその人が

「現世で道徳心を養われたか?」という

ことにも関係していると

個人的な見解ではありますが

そう感じてやまないことがあります。

 

 

参考記事

 

 

 

 

 

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

中野こずえ

スピリチュアルヒーラー・カウンセラー。 光の存在たちと共にあなたの本来の神性さを引き出す潜在能力を解放して幸福へと導くサポートさせて頂きます。ライトワーカー、ヒーラーのための 能力開発の指導、スキルアップスクールを開催しています。