【親から子へ】遺伝子レベルで受け継がれる言霊

 

私たちが普段話す言葉は、喉から第5チャクラの音波(波動)として放っています。私たちの口から発せられる言葉はどのように人に影響を与えているのでしょうか?

往々にしてあるのは、その人の話す内容によって人格、性格が分かりますよね。

話している内容が素晴らしくても、心がこもっていない本心というのは音の波動で伝わるものです。

 

普段、話す言葉・・・

 

いつも人に褒められたときなど、素直に受け取れない人は「いえいえ、私なんてまだまだ・・・」と謙遜して答えていることなどでもその放たれた言葉は、第5チャクラから他のチャクラへの影響を与えます。

放たれたその言葉は音波として、時空間(現在の場所)にバイブレーションとして伝わっています。現実に影響を与えるとも言えます。

「私っていつも○○なんです。」「あの人って○○よね。」自分の主観、固定観念で思っていることを話されていることが多いはずです。

大切なのは社会人として周りとの調和のために(建前で)話している言葉であっても、それがあなたのオーラやチャクラにバイブレーションとして響かせ(伝わる)エネルギーは刻印されていることを「自覚」されて下さい。

あなたが話す言葉、「いつも私は○○です。」と人に伝えている言葉は(セルフイメージ)はそれはあなたの本音ですか?

「いつもお金がない」「私だけ上手くいかない」「分かっているけどできない」など

このようなセルフイメージは、それはいつ頃からそのようなことを人に言うようになりましたか?

あなたがあなたを語るときのセルフイメージは、いつから思い込んでいるか?少し思い出して観てください。

 

 

参考記事

 

言葉の裏には隠し切れない本心が観える

 

三次元の世界は陰・陽の二元性の世界で、一側面に表があると必ずその裏があります。

エネルギーレベルで微細なエネルギーを感じられるのは表に顕現されていないことを読めるようになることです。

話している言葉では、謙虚さを表して話しているつもりでもサイキックアタックを放つ人などは、自他とも対しての「怒り」や「妬み」裏に隠している場合があります。

変化することを選ばないのは自分なのに、変わり切れない自分を受け入れていない人は、自己否定と共に遺伝子コードにある血の繋がりによる過去世の経験や集合レベルの民族性のカルマの「怒り」や「罪」がある場合があります。

 

普段話している言葉の中には、自分と自分以外のもの(他人、環境、状況)は、ほとんどが思い込みによる刷り込みによるもので、真実は違う場合が多々あり、言葉を放つことにより、音波として周波数を放ち「現実をより固定している」強化させていることをしているのです。

人に対して話しているセルフイメージ、状況は、あなただけが創り上げたものでしょうか?

記憶の中でそっくりな人は、良い印象のものもあると思いますが、改善したいと思うことや現実に顕現されるネガティブなパターンがあるなら、自覚していなくても遺伝子レベルで受け継いだものが含まれてることを認識して下さい。

参考記事

 

音の波動

 

音波は言葉でなくても、音の周波数によって人に影響を与えることができます。

精度の高いシンキングボールやヒーリング音楽はチャクラの浄化ができたり、心身の調整ができるのは音の波動を利用しているからです。

人は周りから聞こえる生活音や外の雑音などに反応します。

自分自身が話す言葉は、内側から自分が放った周波数でもあり、その周波数は発している自分は勿論のこと周りにいる人にも影響を与えます。思い込みが強いタイプの人やあまりにもネガティブ要素が強い場合、女性ホルモンバランスを崩す原因になります。

いつもお金がありません・・・私にはできません・・・このような言葉ばかり話す人は、だから「現実を変えれない」ことに気づいて下さい。

 

参考記事

 

遺伝子レベルで受け継がれる言霊

 

大切な認識事項、親子関係の繋がり

あなたが変えたいと思っているネガティブなパターン、口癖を同じような言葉を使い、表現をすることをあなたのお子様は話していませんか?

記憶の中にあなたが話すことと、同じことを言っていた人はいませんか?

あなたが話すことと同じことを血の繋がりのある人が言っていませんか?

子供は良くも悪くも、親のコミニケーションパターンを真似します。

同じ空間にいるもの同士は波動の同調、同期をし、うつります。

 

連鎖のように繋がりを感じるなら、気をつけて頂きたいのは、愚痴や不満、ネガティブな言葉(言霊)にして話すのは、よりいっそう「変わらない」「変えない」と三次元で宣言して、その時空間の波動を固定します。

特に親が言っていた口癖による波動の刷り込み、話されていたということは、そのような価値観であったのは話していた本人であり、受け継ぐ必要性がないものがあります。

勿論「善なる教え」による口が酸っぱくなるほど注意を受けたもの・・・例えば、人に何かしてもらったらお礼をしなさい、など道徳心を説くものは別です。

遺伝的に良い性質のものはそのままにして、プラスにならないと感じるものは昇華させて下さいね。

あらゆる領域で本質を解放していくことが自由を得ることになります。

自由が得れずして霊的成長への発展にはなりませんので、何度も同じようなことを話し、何回も同じ記憶を再生させた個人レベルの固定観念を抱えいるのは「不自由さ」の顕れになります。

自らを狭い世界観の中に閉じ込めてしまっている「幻想」の中を彷徨っているのと同じです。

血の繋がりによる負の連鎖によっての思い込み、固定観念は間違った信念体系によるセルフイメージです。

何回も言葉に出すことにより、より一層、エネルギーレベルで間違った信念を刷り込んでいたのです。

言葉は人を創ります。

あなたのフィールド(聖域)、尊厳を穢す人は誰ですか?自分自身でないようにして下さい。

 

参考記事

 

 

 

     

ABOUTこの記事をかいた人

中野こずえ

スピリチュアルヒーラー・カウンセラー。 光の存在たちと共にあなたの本来の神性さを引き出す潜在能力を解放して幸福へと導くサポートさせて頂きます。ライトワーカー、ヒーラーのための 能力開発の指導、スキルアップスクールを開催しています。