【重要】カルマの法則が現実に影響している仕組み

 

私たちは輪廻転生のときに「細胞分裂」を繰り返しています。このときに刻印されるエネルギーにカルマの存在があります。新しい細胞に生まれ変わっても元の根源は「現世の私の過去世」が細胞へ組み込まれていますので、現世に影響を与えている過去性のカルマのパターンを解消しないと、現実はあなたが意図していないことが起きてくるのです。

現実が変わらないのは潜在意識で思いこんでいることが、現実となるということなのですが、自己啓発や潜在意識の書き換えだけで現実が変わらないのは、人為でコントロールできないカルマの法則があるからです。

過去性から現世へ影響されているパターンの癖というのはカルマの課題として、現れていますので、現実で顕現される繰り返されるパターンを読み解けば、昇華すべき事柄には気づいているはずです。

 

現世に影響を与えるカルマ

 

カルマの種類で「支持業」「妨害業」というものがあります。「妨害業」はサポートするのだけではなく、生命の幸福や不幸を妨害します。幸福、不幸どちらにも働きます。

私自身がセッションや他の学びを通し観てきた中で、人為を超えたサポートを受ける方は、過去世からの善行による支援が入った方と妨害業により善い方へ現実が展開した方とは違います。

妨害業による幸福は三次元的な人間の考え方では、不幸に働いたと観えることが多いです。はっきりしているのは、いつも人生の転機やチャンスで上手くいきそうなときに「不幸」に見舞われるという方、ずっと不運が続く方は妨害業が働いていることが多いのです。

現世で「支持業」が働く原因になるのは「日ごろの行い」と言われるもので、自分自身の心の意志で行う行動や行為です。知らずに不徳を積むことをされている方は、不徳なカルマを多く生産されていますので、いつまでたっても現実が好転されないのです。

分かりやすいのが三次元の現世でお金にずっと困っている方などは、過去世からを含めて、不善のカルマを多く持っている方が多いのは事実で、善いことをしていても「妨害業」が働いていると、宇宙の法則ではカルマを含む、すべての行為の結果を受け取りますので、なかなか金銭的な余裕がうまれる結果を受け取れない方が多くいらっしゃいます。

 

カルマの解消は霊的成長をさせるシステム

 

カルマエネルギーは、人の生まれにより決まっています。輪廻転生どきに過去世のカルマにより、どこに生まれるか?(どういった人生を歩むか?)継承しています。

過去世の影響による不善のカルマは、現実でも悩みの種になることがあり、自覚できると言いのですが記憶にない過去世のカルマのことは自覚できないことが多いのです。

現実は過去のカルマの清算をしながら善行を行っていくことで「負の清算」をし、霊的に新しいステージアップしていくのです。

その仕組みは人は現世でも「善、不善」のカルマをいつでも生産していることになります。今、創っているカルマは、未来を形成していくことになるのです。

現実で悩みや問題となることは、恋愛を含む対人関係や仕事やお金のことという、物質次元のことが多いですが、それぞれが過去世のカルマにより、生まれながらに現世で、不善カルマを昇華させなくてはならないように決められています。

その不善のカルマの解消をすることが課題と言われるもので、その不善のカルマが消えると霊的成長をするのです。

それは人の心(魂とも言えます。)を清める行為であり、来世にも備えることになります。

一回の転生でカルマのすべてを解消できるわけではないのですが、輪廻転生する中で、不善のカルマが少ないと解消すべきものがなくなってきます。そうすると善行の徳だけが溜まっていきます。

聖者と呼ばれる方々であってもその魂の輪廻転生を繰り返し、転生しない人間を終焉されるのです。

 

参考記事

 

カルマ解消と輪廻転生

 

現実でカルマを解消することは、人が生まれ変わるための「輪廻転生」のシステムでもあります。

そのシステムは2つあります。

1、肉体を持ったまま現世で課題となった
カルマの解消をすることで
人生で繰り返される負のパターンの清算をする。

現世で清算する課題となっているカルマの解消は、人の霊的成熟度によっては、現世で肉体を持って「生まれ変わる」ことを意味しています。妨害業の不幸に働くことがなくなってきます。

2、輪廻転生するとき次の生まれ変わり

カルマの法則はよい方、悪い方、両方、善い行いをしているから必ずよいことばかり起きる、不善のカルマが消えるというわけではなく「悪いことをしているから不幸になる」と報いのようなことを受けてそれで終わりというような、単純ではないのですが、臨終前に必ず善行が多い方と不善の行いばかりしていた方とでは、転生するシステム上で、不徳の多い方の次への転生は悪い方へ往きやすいと、私は個人的に思っています。

過去世からのカルマによる妨害が入り、現世で不幸が続く方もいるのも事実ではありますが、霊的成長、進化とは先に人としての道徳心、心持ちがどのようであるか?です。

現実で顕現されることに対して、良い結果、悪い結果、どちらでも事実を事実として受け入れず、心に蓋をし、誤魔化している方や言い訳をして自己と向き合えない方は、自己保身をしている利己的な行為であり、不徳のカルマを生み出して(生産)います。

現世で解消されなかった不善のカルマは、来世に持ち越しとされるのですが、その場合同じカルマが課題になるかは決まっていません。

カルマの法則とは因果応報のことではありますが、1つの行為に対してすぐに受け取る結果と単純に言いきれないのです。

それでも私たち人は輪廻転生をしていますので、今の現世で行った行為の結果は、必ずどこかで受け取ることになります。

過去世のカルマは今の自分にとって、自覚できていないものもあります。その影響で現世が不運と諦めてしまう前に、エネルギーは時空、次元を越えることができるので、今、現在の自分自身が不要なものは、霊的成長とともに昇華できるようになっています。

それは超えれる課題だから与えられていて、本人が意志が本気になれば、向き合えるものでもあるのです。

人によって霊的成熟度により、課題を超える容量が違ってきます。そんな時は人の助けを借りるのです。それは転機のときの人との「ご縁」に関係があり、その場合は「良縁」であることが多いのです。

三次元の世界は、人と人との関わりでなりたっています。悪いことのように観えても、霊的成長のために起きていることも多々あり、そのことは人との関わりで気づくことが多いのです。

何回も言っていますが、スピリチュアルに関心がある方で、人と合わない理由をすべて波動のせいにして自らの未熟さを還りみない行為は、霊的成長をしない不善の行いなのですね。(※前にも書いていますがスピリチュアルなことを自分に都合よく利用した方は重業にもなります。)

自分自身を研摩されないのはカルマでいう「邪見」と同じなのです。(勿論、波動が合わない人との縁は続かないのは事実ですがそれだけではないのです。)

今、自分自身がどう生きたいか?
本心で生きているのか?
心(魂)を磨いているのか?

本心で生きれない人は、偽りの自己で生きているので、心、魂は磨けないのです。

この現世であなたは何を望み、幸せになりたいですか?

すべての過去に囚われて(過去世も含む)生きるのではなく「生まれ変わり」をして下さい。本当に三次元の世界で幸せを望むなら、スピリチュアルに傾倒しすぎず、現実を認識し、自分自身の状況を把握して対処をすることが霊的成長に繋がるのです。

三次元で肉体を持っている以上、霊的進化は三次元とスピリチュアルな教えのバランスを取れる人が「魂の成熟」をされていくのです。霊性向上の修行場は現実世界なのです。

 

 

参考記事

 

 

 

     

ABOUTこの記事をかいた人

中野こずえ

スピリチュアルヒーラー・カウンセラー。 光の存在たちと共にあなたの本来の神性さを引き出す潜在能力を解放して幸福へと導くサポートさせて頂きます。ライトワーカー、ヒーラーのための 能力開発の指導、スキルアップスクールを開催しています。