【重要】カルマの法則が現実に影響している仕組み

 

私たちは輪廻転生のときに「細胞分裂」を繰り返しています。このときに刻印されるエネルギーにカルマの存在があります。新しい細胞に生まれ変わっても元の根源は「現世の私の過去世」が細胞へ組み込まれていますので、現世に影響を与えている過去性のカルマのパターンを解消しないと、現実はあなたが意図していないことが起きてきます。

現実が変わらないのは潜在意識で思いこんでいることが、現実となるということなのですが、自己啓発や意識の書き換えだけで現実が変わらないのは、人為でコントロールできないカルマの法則があるからです。

過去性から現世へ影響されているパターンの癖というのはカルマの課題として現れていますので、現実で顕現される繰り返されるパターンを読み解けば、昇華すべき事柄には気づいているはずです。

 

現世に影響を与えるカルマ

 

『輪廻を解く』ことが究極の『霊的進化』です。生まれてきた由来になるカルマの解消が必要なので、霊的向上を果たすとき、多くは『遺伝子レベル』『血の繋がり』による改善しなければならないカルマの課題を越えなくてはならないときがきます。

大きく言えば『ご先祖様』由来のもの。家系のカルマからの影響は、ほとんどの人が経験することです。どんな環境に生まれて落ちても両親がいないということはありません。

勿論、魂レベルのカルマもありますが、アストラル次元を超えるには、必ず生まれてきた由来になるカルマの解消が必要になります。

地球の次元より上の高次元の領域は、アストラル次元以上だからです。それは地球の次元に生まれてきた因果を解消しないと新しい(高い)次元とは共振できない・・・

三次元的な言い方をすると課題(テスト)を通過しないと進級できないことです。

『カルマが解かれるとき=現実に顕現されるとき』なのですが、『因あれば課あり。』と単純ではないとき、複雑に絡みあうケースがあり、原因と結果が解りにくいのは『縁』があるからです。

カルマが解かれる『条件』が整ったということで、『条件』が整うのは偶然ではなく『必然』で、自分に課せられている『天命』です。

越えようとせずに無視する、逃げることをするとそのエネルギーはまた自分に戻ってきます。

比喩的な表現で言うとカルマの借金をしたままなので、また過去の伏線回収がやってきます。

特に同じ所で躓き、同じ言い逃れで正当化している人・・・大小の差はありますが、観えない所で子孫に不徳のカルマを背負わせている危険な方が多いです。

勿論、大きなものはカルマの還りを自らの行いで「呪い」のようなものに変えてしまっている人もいます。このような人は周りを巻き込み不運を運ぶ人です。

そしてカルマの清算をするチャンスを与えられる機会は、現代だと65歳~70歳くらいまでです。お釈迦様の時代ではもっと年齢的に若い時期だったのですが、今は寿命が延びていますので、カルマのことを観ていますと平均それぐらいの年齢だと思います。

70歳以上でもまだ『業を積む』『カルマの生産』し続ける残念な人もいるのは『事実』です。特に最近は高齢者でも悲惨な事件を起こす人がいます。

本当なら次の転生へ向けて、現世で最後に『因果』を解消する『過去の清算』に入るのですが、それまでカルマの不徳が多すぎたため、一気にそれを解消しないといけなくなり『負の連鎖』になり大きく還さないといけなくなっている・・・

親がその年齢に差し掛かったとき、グループソウルのカルマの影響で、自分も関わるケースが多くあるのが『真実』です。

ですから年齢を重ねてから不運に見舞われる人は『生き様』が出ています。何回もお伝えしていますが、過去の清算は早ければ、早いほうがいいです。

長く『因果』を持ち続けるほど、後で出てくるときはより複雑化しています。悩みや問題をほっておくときと同じです。

いつも人生の転機やチャンスで上手くいきそうなときに『不幸』に見舞われるという方『中途挫折の因縁』が解消できていない方も多く、ご先祖様からの影響のケースが多いのは『真実』です。

ずっと不運が続く方の因縁も複雑ですが、妨害業や悲惨なケースでは『○○業』が働いていることが多いのです。

金銭的な悩みの『カルマ』の影響は、お金はカルマそのものなので、出すことができなければ『自己浄化』ができないままです。

浄化できないと波動が上がることはありませんので、中々、運が開かないことになります。生活するだけで『精一杯』では『余暇』がないので、人生で本当にしたい体験ができないのは『事実』です。

ただ、ある段階の階梯を超える『霊的進化』すると物質的なことで『困る』ということなくなるのも『事実』です。

宇宙の法則・カルマの法則・輪廻転生→すべては『バランス』や『廻りまわる』『循環』する霊的性質なのです。

 

参考記事

 

表に顕れたカルマの意味

 

カルマの作用が顕現されたのは、輪廻転生のときに刻印されたカルマが解かれる『縁』が整い、現実に顕現されたということです。

現実で困難と思われる悩みや問題の障害がでてきたとき、越えれないとカルマに吞まれてしまいカルマ通りの現実を生きる・・・となります。

このときに己に向き合い、解消すれば『霊的進化する』現実では良い方向へ進んでいくのです。

折角、浮かびあがってきてものに蓋をしてしまえば、また潜在意識に潜ることになります。そうなると何世代にも渡り引き継がれる『悪因縁』に変化されてしまいます。

繰り返されるパターンには、必ず理由と法則があります。なかなか難しい課題になりますが、繰り返されるパターンの『真実』を捉えて下さい。

カルマの種子のまま潜在に蓄えられているカルマがあります。複雑に絡み合っているので、現実の『事実』だけみていても解りにくいケースです。

事実はどこまでいっても事実の積み重ねでしかないのです。

情報を開示(表出)してくれているのと違って、奥底に蔓延っている状態です。

実際に個人セッションで、クライアントさんとお話しを聞くと奥に潜んでいるカルマが現実に影響をしているケースがよくあります。

この場合は、家系、遺伝子レベルの負の連鎖に、土地や民族のカルマなど複雑に絡み合っているカルマの根が深いものなので、なかなか浮上してこれないケースもあり、酷い場合は霊障の因縁があることがあります。

ご先祖様から代々続く土地の相続したときに、相続は無事にすんだ・・・それを分配しようとしたときなどお家騒動が起きる・・・縁が変わったからカルマが顕現した。そもそも継承した時点で『縁』は変わっていますが・・・

『真実』の階梯にあるものは、ご先祖様代々と土地とある条件を待っていた・・・50代頃にこのケースが出てきて『色情因縁』が絡むとあまり関われるレベルではなくなります。

『色情因縁』はよくて10年~20年で解消できるケースが多くみられます。それだけ『執着』が消せず『業』が深いのですね・・・

知覚できないものからの影響は、しかるべき対処ができる霊能力を持つプロの人に相談なり、解消してもらわないとご本人様だけでは対処できないと思います。

どちらにしろ、カルマは解放されれば、必ず消滅へと向かっていきます。ただ、なぜそれができにくいかというと人は同じような思考や行動のパターンを身体に刻印しています。それが波動と言われるものです。

『カルマ→消滅より、カルマ→陥ってしまう』ことが多いのです。習慣やサイクルのパターンを変えれないからです。

現実に顕現されたものは、情報が開示されています。それは超えれる時期にきた『ステージアップ』のサインです。そこで同じサイクルやパターンに陥ったりしないことです。

表層に上がってきたものを無視してしまうから変化が起きないのです。

現実は過去の結果です。カルマによりみせられたものを『チャンス』と思い立ち上るのか?

人生(運命)は自分自身で切り開いていくものであり、それが向上していくことで霊的進化なのです。

 

参考記事

 

現世でカルマを創り出してしまう行為

 

1、思考することに気をつける。
2、思考し、考えたことを表現する。(話す言葉)

カルマは過去世から継承されているもので、基本的にはそのカルマを昇華し「悪癖」を改善することが霊性向上です。

その成長期間でもあるのが、人生そのものなのですが、現世で積もり、積もった穢れを落とすどころか、また、来世に継承するカルマの不徳の原因を形成させているのは、いつも考えていることです。

思考したエネルギー、更に思考と共に浮上された感情エネルギーは、肉体が死んでも慣れ親しんだそのエネルギーは魂レベルで残ります。ですから輪廻転生されるときに刻印されていくのです。

私たち人は宇宙と相互関係で生きています。思考したもの、言葉で発したもの、マインドの中に留まったものはいつ発生させたかに関わらず、宇宙に広がり拡散されていきます。

時空を超えてカルマの返りがあるのも、善いものも(宇宙からの恩寵のエネルギー)悪いもの(ネガティブな行いのエネルギー)も両方、拡散されたものが戻ってくるのです。

いつまでも同じことを繰り返し、運気が上がらない人は、他者に対して悪行を働いていなくても自分自身で自分を傷つけることを行っている人もいます。自分で適切なセルフイメージ、純粋な神聖さを陥れている「愚行」を行っているとも言えます。

どちらにしろ宇宙が霊的なあり方をしていて、その中で相互関係で生きている人類が行うことは「因果応報」「自業自得」というものが往々にしてあります。

いつも不運なのは「思考癖」が変わらず、魂が意図する方向性での現世で開花させなければならない神聖さを封印し、ピュアな本質を目覚めさせないように、古いものにしがみついているからです。

いつも考えていることはその人の信念体系に基づく、その人そのもの・・・つまり在り方、存在そのものを顕しています。

 

参考記事

 

カルマを超えていくには現実を深く洞察する

 

カルマとは次元を超えて繰り返される過去のエネルギーです。そのエネルギーレベルには階梯があります。

複雑な因縁が絡み合うケースは、エネルギーレベルの因果関係を紐解くのが難儀なこともあるので苦労される方もいるのは事実です。

現世で繰り返される問題を「カルマの影響です。」と言ってしまえばそうなのですが・・・安易にし過ぎている、大雑把すぎるのは微細なエネルギーの階梯にあるものを解消、昇華できません。

先頃はカルマ論を語るヒーラーは多いですが、理由が「カルマの影響です」で終わってしまっている、根源を理解していない人も多く見受けられます。

エネルギーレベルの階梯をキャッチできていない人がカルマエネルギーを扱うのは、お互いの不徳になりうることがあり、更にカルマを積む行為そのものです。

なぜなら・・・

簡単に説明しますと

カルマが繰り返されるのは、人が放ったエネルギー、つまり私たちが意識しようが無意識でも波動を放っています。自分自身が創った想念のエネルギーは、自分の潜在意識へ還ってきます。

エネルギーレベルのシステムの根源は、還るということをするからカルマの壁を超えるのが何年もかかるということも事実であります。

詳しいカルマエネルギーのシステムは、遺伝コードコア・カルマ解消コースで講義しています。

スピリチュアルな観点から言うと人間のネガティブな邪心に振り回されず、波動を高く保つ、波動変容していくことも当然必要ですが、本当に三次元の世界で幸せを望むならスピリチュアルに傾倒しすぎず、現実を認識し自分自身の状況を把握して、「今、何がおきているのか?」しっかりと対処をすることが霊的成長に繋がるのです。

三次元で肉体を持っている以上、霊的進化は三次元とスピリチュアルな教えのバランスを取れる人が「魂の成熟」をされていきます。霊性向上の修行場は現実世界です。

物質次元の現実、非物質次元の霊的な領域を加味した者が神秘の追究できる次の次元へ入ることになっていきます。それには現実の世界で、持ち越してきた重いものを解き放つことが必要になります。カルマを超えるとは覚醒へと一歩、一歩進んでいるのです。

 

現実に影響があるカルマの次元のお話し、お読み下さい。

 

 

     

ABOUTこの記事をかいた人

スピリチュアルヒーラー 霊的次元の真実を探究していく魂の方へ、目覚めになるきっかけになれば・・・と霊的世界の真実と現実世界の事実を曖昧にしないように書いています。サイキック能力開発の指導、スピリチュアルヒーラースクールを開催しています。