【セルフイメージ】勘違いしてはいけない自己主張と自己表現

 

スピリチュアルや自己啓発では

セルフイメージという

自己の価値というものを高めていくことは

よく伝えられています。

 

 

ただ、これも曖昧なスピリチュアルを

信じていられる人は

勘違いをされていられる人が多いのです。

 

自己主張と自己表現の違いが

分かっていないので

相手に伝える自己主張を

自己表現と思っている人がいます。

 

 

自分自身の正直な意見を伝えることは

間違っていないのですが

その場や主張の仕方を間違えると

日常生活のコミニティの場からは

扱いづらい人という煙たがられる

存在にもなります。

 

 

私傷つきました・・・を堂々と相手に伝えている人

 

実際に私自身がたまたま居合わせて見かねて

アドバイスをさせて頂いたことがあるのですが

その人は電話を取り、10分ほどお話しをされていて

「私、傷つきました・・・」という言葉を

連呼されていたのですね。

 

 

詳細は省きますがママ起業で自己啓発も

されていたようなので

本音を伝えていく魂レベルの表現を

していくことを勘違いしてしまって

もめ事にと発展させていったのです。

 

 

私悪いことしていないのに

なんでそんなこと言われるか?

分からないとうようなことを

 

私にも必死に訴えるのですが

電話のお相手だった園長先生は

ママさんたちからのクレームは

処理していくしかないので

 

「私傷ついた・・・」という自己主張をされても

何の解決にもなりませんよね。

 

 

この場合はご本人様も悪気なくよかれと

思ってなのですが

 

自己表現をしていき自分自身の志を

人に伝えたいのなら

 

場所や人を選ばなくてはいけないことが

三次元では必要であるという配慮が

足りなかっただけなのです。

 

 

ですからなだめるように表現する場所が

違ってきたことを伝えて

子供さんが問題なく幼稚園に通えるよう

アドバイスをさせて頂いていたのですが・・・

 

 

「私、傷つきました・・・」という言葉は

主張であって表現ではないのです。

 

 

相手に私が傷ついたことを認めさせたい

承認欲求だけなんですね。

 

 

ご本人様は真面目で正直な人では

あるのですが洗脳的な啓発を受けていたので

 

私の想いを伝えることは正しいことをしているから

それを否定されることに納得ができず

 

何故そんなことを言われるか

分からなかったみたいなのですが

 

想いを伝える、表現をすることは

社会で場所を間違えると自己満足にしかすぎず、

ご本人の優越感だけが満たされて

周りにとっては迷惑にしかならないのです。

 

自己主張と自分勝手は違う

 

スピリチュアルや自己啓発がマインド設定を

変えると努力なしで

人生が好転するように伝えられることが

ブームのようでした。

 

 

これは三次元のルールを無視して

わがままに生きることとは違います。

相対性の関係で成り立っている三次元は

必ず何かに反応している結果がでます。

 

 

「私傷つきました・・・」のようなことを

堂々と相手に伝えている人は

 

スピリチュアルに関して言えば

宇宙の愛、真実と向き合っていく世界なのに

 

相手のことを考えず、

傷ついたことだけ主張されているのは

人として未熟以外の何者でもありません。

 

 

セルフイメージの向上やマインド設定の改革を

都合よくとらえすぎると

ただの自己中心的な人になり

 

我慢や制限をしなくていい

生き方やあり方とは身勝手な主張を

 

ところかまわずしていくことが

本質に近づいていくあり方ではないのです。

 

 

小学生レベルの道徳心やコミニケーション術を

使えなくなってしまったいい大人が

スピリチュアルや自己啓発系に

増えてしましました。

 

 

何故こんな中途半端なことが

ブームになったのか?考えるのですが

今の40代以上は確かに受験戦争から

社会で生き抜く競争心を煽られ

 

親の時代からの日本人特有の我慢、制限を

押し付けられた世代でもあり

その反発や反動かもしれません。

 

 

その裏には「自由になりたかった」と

いうものがあり、

だから努力もなしで変われることへ

関心が持てたのだと思います。

 

傷つきたくない人は自己表現はできない

 

ヒーラーやカウンセラーというお仕事は

本来はクライアントさんの

心身のサポートをするのですが

その商品を選んで頂くためにブログなどで

情報発信をし自己表現をしています。

 

 

他にもクリエイティブお仕事をされている方は

自分の作品で自己表現を現していますよね。

 

 

自分自身の主観で

言葉やもので表現をしていくことは

 

誰にでも受け入れられることではないのです。

賛否両論はでます。

 

自分の意志を伝えていくの私自分に自信を持ち、

ぶれない自己主張も必要なのですが

 

自己主張と自己表現の違いは

主張だけになってしまうと

それは自分と違う人を認められない

という顕れにもなってしまいます。

 

 

傷つきたくない人は自己主張はできても

本当に本当の魂レベルの自己表現を

していくことはできないのです。

 

 

他者からの評価で自分自身が傷つくのですから・・・

偽りの自己を演じてしまいます。

 

 

ですから、ブログなどで見かける

ヒーラー、カウンセラーでも

 

幸せアピールが苦しそうにみえたり、

自己表現の場のブログで言い訳がましいことを

書くことをするのですね。

 

 

霊的成長、進化されて、

三次元での役割や目的が分かってくると

 

自分自身の意志の強さをしっかりと

持つことができ

 

何があっても自分の人生を

信じることがでるようになります。

 

 

自らの人生の選択、責任は

他者のフィールド内ではないことを

自覚していきますので

 

他人の意見はその人はその人と

受け入れることができてきます。

 

 

自分の表現が受け入れられようが

受け入れられまいが

 

否定する人がいても自分自身のあり方を

変えれないので

 

賛同、共感してくれない人も一定の人数がいる

事実を受け入れていくしかないからです。

 

参考記事

 

 

中途半端なスピリチュアル・自己啓発はセルフイメージを下げるだけ

 

私傷つきました・・・もそうですが

私のセルフイメージのために

価格設定を上げます・・・など

 

わざわざ人に主張している間は

まだ他人からの評価を気にしているので

セルフイメージは低いままなのです。

 

 

言い切ることで向き合うことや

課題を越えることをされていないので

 

根本的なご本人の精神的なブロック解消や

霊的問題は解決されていません。

 

聞かれてもないことを勝手に宣言し、

コミットメントしているだけなのですね。

それでは「やれた気になった」だけのような

結果になってしまうことが多いはずです。

 

 

相手にされて嫌だったことを伝えることは

必要なときはありますが

自己主張をされるときに

 

「私、傷つきました・・・」この言葉を

言うことに抵抗がない人は

 

現実でいつまでも自分自身を被害者としての

立場に立たせます。

 

 

間違ったセルフイメージを自らで

意図を持って築かれていかれると

 

自分自身の人生そのもに悪影響を

及ぼす原因になります。

 

 

参考記事

 

ヒーラーとして自己表現をしてお仕事されたいなら

 

狭い範囲、起業塾のグループの範囲内や

お友達、知り合いレベルの程度では

 

お仕事として自分自身の表現力によって

高次元からのサポートを受け取れる

レベルまでに発展していかないのです。

 

 

それは必要でない人に押し売りの

ようなことをしている場合もあり

 

自らのエネルギーを放って

もっと広い範囲に届けるようにしてこそ

 

「必要な人に届くように」と言われる

高次元から魂レベルのご縁のサポートを頂けるのです。

 

 

事実を受け入れる強さがセルフイメージを変えていける

 

カルマ的なブロックなどは

エネルギーレベルでの解消が

必ず必要ではありますが

精神的な所では自分の人生に起きたことから

目を逸らさず

 

その問題から逃げず

受け入れていくことをされないと

 

同じようなサイクルの現実を

顕現させていくだけです。

 

 

自らが傷つくことや、

不遇な扱いを受けることを

終わらせていけるのは

 

他の誰でもないご本人様の意志の強さ、

自分自身の生き方への責任は必要なのです。

 

 

新しい時空間を開いていくために

逃げずに向き合うことを恐れないで下さいね。

 

それが偽りの自己と決別されて

新しい自分自身への生まれ変わりになりますよ。

 

 

参考記事

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

中野こずえ

スピリチュアルヒーラー・カウンセラー。 光の存在たちと共にあなたの本来の神性さを引き出す潜在能力を解放して幸福へと導くサポートさせて頂きます。ライトワーカー、ヒーラーのための 能力開発の指導、スキルアップスクールを開催しています。