エネルギーフィールドを侵すエネルギーバンパイア

私たちが住む地球上には様々な種類のエネルギーが存在していて、それは日常生活に影響を与えています。エネルギーは、水と同じように高い方から~低い方に流れます。

高波動のエネルギーに触れると眠くなったり、心地良い気分になるのも高い性質のエネルギーに触れているからです。まれにグラウンディングができていない人が高波動過ぎるエネルギーに触れると頭がクラクラするというような症状が出る人もいます。

逆もしかりで、低波動なエネルギーに触れると気分が悪くなる、イライラする、落ち込む、とにかく気枯れする、疲れる酷い場合は、怒りが湧く・・・など、不快に感じさせられることがあります。

 

健全なエネルギーの循環を行い、心身共に健全な状態を望むならエネルギーを奪ってもだめですし、エネルギーを与えすぎ(取られても)いけません。(特にヒーラーはエネルギーの循環のバランスが正確にとれることは、基本中の基本です。)

エネルギーの循環が崩れると心身の不調、人間関係の歪み、運気のダウン、酷い場合は霊障といったことが現象として顕現されます。

逆もしかりで、健全なエネルギーの循環が取れていると良好な人間関係、お金の巡りもよくなるという現象が顕現されます。

 

身近にいませんか?エネルギーを奪っていく人・・・

 

1、悩みや問題のアドバイスを聞けない人

 

人である以上、誰もが悩みや問題を抱えます。それが悪いことではないのですが、こちらのアドバイスを聞かず、辛い状況や問題を訴える人がいます。一歩前進する勇気を持つのはご本人様なのですが、変わらずにいたいカルマの「悪癖」がある人が多いのは事実です。

根源になるセルフイメージ、間違った信念体系を持っているので、なかなかご自身の内側にある事実を認められないのです。

参考記事

 

2、いつも心身の調子がよくない人

 

虚弱体質な人もいるのは事実ですが、基本的には精神力が弱い、生命エネルギーが弱い人が多いです。遺伝子レベルのカルマによる影響で疾患として症状に出ている場合もあるのですが、酷い人はうつ病になる人もいます。

思考癖がネガティブな方へ向き、自分を追いつめてしまう人もいるのですが、現実世界と向き合う自信がない人や人生で「逃げ癖」がついている人もいます。

自分自身と向き合えないことに「後悔」や「罪悪感」があるので心身に不調をきたすのですが、お話しを聞いても「体調がよくない」ことを理由にされると「お大事にされて下さい。」としか言えないのが事実であり、お役に立てることはまずないです。

繰り返し、波動転換期で心身に不調をきたす人は「縁起」・・・原因が結果を出すために必要な条件の「縁」を認識しないと三次元の現実世界では生きづらくなるだけです。

「病は気から」と言う言葉は、あながち嘘ではありません。

毎週のように繰り返し、不調が続くお話しを聞いている人は、聞いている方が今度はオーラ・チャクラへネガティブな波動が移ることになります。

オーラは人から発散される電磁波のフィールドのことです。電磁波同士が重なった場合それらは互いに交流しますので、自分のそばに人がいる場合はお互いのオーラは影響し合います。

人の思考と感情もエネルギーで周波数を放っていますので、それがオーラに影響します。

同じ家に住む家族やパートナーが似てくるのは、オーラのフィールドの領域が同じ時空間で重なり合うからです。

人生に悪影響を与える人間関係「共依存」引用

 

両方の方に言えるのが、自己の確立、グラウディングができていないのですが、上記の2つに当てはまる人は「柔軟性」や「適応能力」と言ったことに問題が生じている場合があり、現実社会では苦労をされている人が多いのは事実でもあります。

ご本人様が気づき、課題(カルマの悪癖)を超えようと立ち上がらないと時間とエネルギーを奪われるだけです。

相談にのっても、本人が無意識で抱えている変わりたくないこと(課題)への向き合う覚悟ができていない間は、変わろうとしていないので相手の愚痴を聞いているだけのようなことになり、不毛な時間を経過させているだけで、時間とエネルギーを奪われた方はエネルギーが枯渇するので、酷い場合は運気も下がります。

お手伝いできることは「何もない」とこちらが線引きをし、お相手の意識が変わるまでそっと離れることをされて下さい。お相手の課題に巻き込まれることはお互いのためにならず、カルマの不徳になる原因になります。

他人が気づくべきことへの「介入」は霊的成長にはなりません。他人の問題を自分の問題にしないことです。

ヒーラーとして活動されている人には、スクールやセッションでお話ししているのですが、霊的成長が早い人は意識レベルが違う人とは区別して関わらないようにしていくことです。(そのうちに混じり合えなくなります。)

今までは何とかやり過ごせたのですが、アセンションが早い今、アストラル次元の自我の問題で、特に嫉妬心が強い、その課題を昇華されていない方は、相手をコントロールしようとする支配的なレッドパワーを裏に持っている人も多くいます。

レッドパワーは怒り、憎しみ、嫉妬、執着というような「憎悪」を含むエネルギーで、このようなエネルギーで攻撃されると受けた方は「考え」や「気」にオーラを通し、霊体の波動(周波数)へ影響を受けます。

参考記事

 

3、お約束を守らない人=時間を奪う人

 

約束事を守らない人は、人への「リスペクト」がありません。人に対して誠実な人は、相手への気遣いや相手のことを考えられる人で、約束事を守れなかった場合、連絡を早く入れたり、対処することが早いです。

人に対して「リスペクト」がないので、自分の都合だけを押し付けるのです。

約束を守らない人に突然、予定を変更されるのは、時間だけを奪われています。その人に合わせようとすると波動は下がります。

言い訳や誤魔化しが上手い人は、自分に甘く、他人にも甘えているともとれますが、ただ、甘いだけではなくて、その裏にあるエネルギーは「姑息」です。

表面上は誤っていてもやっていることは、人をなめていることをしています。精神性が未発達で幼稚な考えの人が多いのは事実です。社会人としての自覚や認識が甘いのですが、根底にあるのは「不誠実」さです。

不誠実な人は、不徳を積み重ねるので、運気を下げますから関りは避ける、関係を断った方が無難です。

無意識に言い訳や誤魔化して表面上取り繕うことをしている人も多いのですが、人間関係のトラブルを自分が「誘発」している人も多く「不誠実」さで、人を怒らしていることが分かっていない人も多いです。

言い訳や誤魔化し慣れをしている人は、本人は誠実なつもりなのですが、習慣化されている癖で裏にあるエネルギーが自己保身のための「姑息」な手段なので、そのエネルギーは「正」の反対の「負」のエネルギーなため、人を不快にさせ、大した問題ではなかったはずなのに、余計なトラブルにまで発展するのです。

「負」のエネルギーに引っ張られているような感じです。トラブルの原因を創る人は、運気はよくありませんし、酷い人は邪気にまみれていきます。

「負」のエネルギーにを発するエネルギーバンパイアでなくても、約束を守らない人には、こちらの時間を奪われます。

何回も連絡したり、返事をまったり、予定が変更になったり、挙句の果てに呆れるような言い訳を聞かされたり・・・と時間を奪っていく人と付き合っていくのは、その影響を受ける、被害をこうむりますので、早い段階でお付き合いは、考え直した方がいいです。

 

参考記事

 

エネルギーをもらいやすい、スポンジのように吸ってしまう人、エンパス体質

 

特にお仕事で人と接する方(ヒーラー、セラピスト、医療従事者、介護職、美容師、販売員などの職業)は、スポンジのように人のエネルギーを吸ってしまっている人がいます。

「なぜだか分からないけど人から愚痴を聞かされる方」「身体の施術などで楽になったと言われる方」なども同じで、お相手の痛みや不満をそのまま吸い取ってあげている人がいます。

自覚されていなくても相手はその人といるだけで元気になりますので、エネルギーバンパイアかは吸血鬼のように寄ってきます。

特に職場やご近所さんとの集まりなどで特定の人が寄ってきて、隙を観たかのように話しかけてきては、いつも愚痴を聞かされているような人はお相手の人は自覚していなくてもあなたと話すとエネルギーが満たされるのです。

勿論、話しやすいという人柄もあるのですが・・・人に好かれることや話しやすさを与えてあげれる人はとてもいいことです。

でもやはりプロと違うのはエネルギーレベルの守り方を知らないので、お相手の方はいいですが、ご本人様のオーラにはネガティブエネルギーがべったりと付着されます。レッドパワーの影響がある場合は、自分自身の「パーソナルスペース」まで更に侵食されます。

エネルギーを吸い取られている方はあらゆる側面でエネルギーが枯渇し、心身に不調をきたします。エンパス体質の方や疲れやすいと自覚されている方は、エネルギーフィールドを護ることは必須です。

 

エネルギーを奪う人は波動が低い人

 

三次元の世界は二元性の世界なので「光・闇」と一対でもあり、光が高くなると闇の力も大きくなります。波動が高い所からエネルギーを補おうと低い存在が寄ってくることがあります。波動の乖離が進み、「高低差」が顕著に顕現されています。

他者からエネルギーを奪う人は、謙虚なふりをして利己主義な方が多いです。謙虚なふり・・・「被害者意識」を隠して謙虚なふりをしているので、言っていることと行動が違います。

自分自身の行動が相手の時間とエネルギーを奪っていることに気づけない人が多くいます。簡単にいいますと依存体質で合ったり、優柔不断さ、決断力の欠如で相手の時間を奪います。でもご本人は「被害者」なので、悪意がないと思っています。

正直者は馬鹿を見るという諺が日本にありますが、このようなタイプの人を心配し、振りまわされる人もある意味「正直者は馬鹿を見る」です。

このような人はどこでも「被害者」を演じます。また、別に心配や都合よく動いてくれる、自分に都合いい理解を示してくれる人を探すのです。

精神的に未熟な方は人としての質、品性が低いです。霊格が低い人とも言えます。霊的成長を促すカルマの課題を超えれていない人も多くいます。

エネルギーレベルの交流は、三次元的にいうと自分自身の家に上げているのと同じです。エネルギーフィールド=自分の家です。

他人の家を勝手に汚す人を許すことは、自分の家で安らげない状況を自らが許可していることになります。

人のエネルギーをもらっていたり、健全なエネルギーの循環ができなくなると本来の純粋なエネルギーではなくなります。ネガティブなエネルギーレベルの光線で侵食され続けることは、自分自身のエネルギーフィールドも穢れます。

はじめに書いてあるように「エネルギーは、水と同じように高い方から~低い方に流れる」「波動が高い方~低い方へ流れる」ので、運気そのものを吸い取られているのと同じです。

エネルギーフィールドの内には各霊体の階梯があります。浸食された領域によっては、運気が下がり続ける、酷い場合は、心身の不調に至り、ご家族までにも影響を及ぼす「負の連鎖」にもなりかねません。

無粋にエネルギーフィールドを侵してくるようなあなたの価値を分からない無礼な人とは、離れて下さい。誠実な人ほど、お相手との関係をどうすべきか?考えてしまいますが、悩んでも精神的未熟な人には伝わりません。

ご本人さんがよっぽど失うものが大きければそのうち、後悔して気づくはずですが・・・それは、お相手の課題であり、あなたが背負う問題ではありません。

相手の課題克服のためにそれまで我慢したり、合わせる必要などないのです。一緒にいてエネルギーレベルが重くなる人は(ネガティブな気持ちになる)、ハートからの付き合いはできませんので、自分のことを大切にされて下さいね。

 

参考記事

 

人間関係でのトラブルが多い方、あなたはエネルギーバンパイアに知らず、知らずになっていませんか?自覚がある方は、何がそうさせているのか?根源を探り改善して下さい。そうでないと不遇な境遇や優遇されない人間関係のまま自分自身の尊厳を失っていきますよ。自分自身で自分を陥れるようなことはやめて下さいね。

参考記事

 

 

     

ABOUTこの記事をかいた人

スピリチュアルヒーラー・カウンセラー。 光の存在たちと共にあなたの本来の神性さを引き出す潜在能力を解放して幸福へと導くサポートさせて頂きます。ライトワーカー、ヒーラーのための 能力開発の指導、スキルアップスクールを開催しています。