【スピリチュアル】天職

 

天職=スピリチュアル的な要素が多く、言い換えれば「魂の目的・使命」とも言えますし、宇宙と共振できる才能に気づけて、高次元の存在に導かれて「なるべきしてそうなった」というべき事だと感じます。

 

天職(Calling)とは・・・天から授かった特質を活かす職務につけることで、神聖な職務や生まれ持って天から授かった性質の才能を使った職業につくことを天職と言います。

 

魂の目的というのは「職業」とは違いますが、それに沿うお仕事を選ぶと天職へ導かれる人は多くいます。

ライトワーカーとしての活動はまさに天職へ就かれることですが、ご自分の天職へ就かれるのは(どんな仕事でも)本質(魂レベル)が望む生き方をし、より自分自身が輝けるステージへ上がっていくことだと私は想っています。

 

潜在能力の発揮できることが天職に繋がる才能

 

魂レベルで望んでいる天職へつかれると今までとは比べものにならない才能・能力を発揮されていかれるのも事実です。

ライトワーカーとして活動される方はこのタイプの人が多いのですが、その前のプロセスは人それぞれカルマの課題を超えていられます。

早い段階で生まれ持った才能を発揮し、天職へと進まれる人もいますが、スピリチュアル界で多いのは今までの自分自身に違和感を感じ、それまでしていたお仕事に疑問を感じ、霊的成長をしたから(カルマ解消)本当の「天職」に導かれる人が多いです。

どちらの場合も現世で天職へ就けることは、カルマの課題によりその道へと進まれます。

ご自身が魂レベルの喜びを知ることになるとその人が放つ光は、高い波動(周波数)の光を放つことができ、本質と繋がると潜在能力が解放されて、高次元からのインスピレーションがもたらされるのですね。

ヒーラーという職業は当たり前にサイキック能力と呼ばれる第6感以上の感覚が必要なのですが、他にもクリエイティブなお仕事をされている方は、第6感以上の感覚器官が解放されている方が多いです。

 

参考記事

 

天職につかれると幸運に導かれる理由

 

魂の意図、本質が望む生き方をしているのは魂と同一しているのです。それは生まれてくる前にブループリントで決められている人生のストーリーに沿う、生き方をされているのですが、本筋からずれない生き方をしているので「高次元のサポートが入る」とも言えます。

 

自分自身が生まれてきたときに与えられてきた「才能・能力」を発揮して、人のお役にたつのは、カルマの善行を行っているのと同じなので、自然にカルマ解消をしていたり、善行の行いから益々、運がよくみえるようなサポートが入ってきたりするのです。

「宇宙と共振している」とはこの事を言います。

霊的成長をされた方は、魂が望む、本筋の生き方をされているのは「自分を偽らず」生きているのです。霊的レベルで進化されるから自分自身が生きている喜びにも繋がり、そのことは現実では人生を発展させるので、更に、霊的成長し、今までの三次元的な常識や囚われから解放されてきます。

嫌々ではなく喜びを持ってお仕事ができるのは、普通に考えてストレスがなくなりますよね。

サイキック能力を使う仕事に関して言えば、高次元の存在からの情報をキャッチしているので、その高いエネルギーに触れていると自分自身の波動も高くなってくるのです。

天職に就かれている方は、どんなお仕事をしていても宇宙と共振しますので益々、備わっているポテンシャルを発揮できます。

スピリチュアルな世界に限らずお仕事で成功されている方の中には、自分自身の功績をまた人に分け与え、多くの人に喜びを与えることをされる方もたくさんいます。

善い行いをしているのでまた、よいことが起きるのですね。これは健全なエネルギーの循環をされていることになります。

天から与えられた「才」はご自分だけに与えられているものではなく、他者に貢献されることにより、より磨かれ、そのエネルギーは大きな光に変わってきます。

愛と喜びのエネルギーが人と人の間を循環していくことが、宇宙の天意(アイ)との共振です。

我欲だけを優先し、お仕事をしているのではない人は、人に対して「誠実」さを示せる人は正直に生きていることになり「幸せにしかならない」生き方になります。

 

参考記事

 

 

才能を使ってお仕事できる人ばかりではない

 

人は様々な性質を持って生まれてきています。自分自身の能力を活かせる職業についている人がどれだけいるでしょうか?能力を活かしたお仕事をしていない人の方が多いのは事実です。「適材適所」ではないので様々な摩擦が生じるから、よけい辛いと感じるのです。

ヒーラーに関していえばサイキック能力は、どなた様にも備わっていますが、すべての人がヒーラーになれるわけではありません。

性質というのはオリジナルな個性ですが、どうしてもヒーラーになれる基準を備えていない方もいます。

私自身が講師としてサイキック能力開発をしながら、ヒーラーを育成するにあたって1つ気づいた結果があります。

持っている性質によってヒーラーの技術を教えられない人もいます。ただ、それはヒーラーというお仕事に対してだけで、「技術を教えられない性質の人」に「才能や能力がないのか?」というとそうではありません。

潜在能力はどなた様もありますので、その人はその人なりの別の才能はあるのです。ただ、ヒーラーになれる資質、素材がカルマの因縁も関係し、この現世ではなかったということです。

世の中で自分が望んだ職業につける人がどのぐらいいるでしょうか?まして天職と思える才能を授かっていることは、この現世でとても意味あるものなのです。

何度も輪廻転生している中で、特別な才能に特化されたその性質を備えていて、いつその能力を解放させて発揮させるか?は、カルマの課題の克服により、神聖さが目覚めたら「天職」の道へ進めるようになるケースが多いのですが、能力があってもなかなか動こうとされないのは、変化への不安や恐怖があるからなのですね。そのことを超えていくのがカルマの課題でもあります。

 

参考記事

 

スピリチュアルヒーラーとなった私がお仕事で携わる神秘

 

私自身は現在、霊能力を発揮するお仕事に携わり、天職へつかせて頂いていると自覚しています。ヒーラーとして個人セッションをするとき、様々なお悩みを聞くことがあります。

時期によって似たような悩みの方が来られるケースもよくあります。その時期の全体の波動やAngelPalaceの波動に惹かれる人が集まるときは似たり寄ったり・・・ということが現象界で起きるのも事実です。

ただ、それでもお1人、お1人の魂のストーリー、ドラマは違います。

AngelPalaceでは個人セッションの最後にカルマ解消のエネルギーワークをし、クライアントさんへの施術を行います。そのときに過去世から持ち越しているエネルギーが浮上し、昇華することが起きます。

人によって、今日お聞きしたお話しのカルマが何世代(いくつもの輪廻転生)に渡り、浮上してくることがあり、そのときに私が観ているものは、ほんのひとときですが、スクリーンに映る映画を観ているような感じに陥ります。

いくつかの輪廻転生の中、何度も結ばれなかった男女のストーリー、そして5回目か、6回目の輪廻転生での現世で結ばれたご夫婦、魂の次元で本物の愛で硬く結ばれている・・・『こんなにもすれ違い結ばれなくて、今回結ばれているから、今○○なんだなぁ~、やっと結ばれて良かったね、よく探したね、と・・・』

いくつかの輪廻転生の中で、男女間の恋愛ではなくて、同性愛を育んだ魂・・・愛は本物でも陰陽統合という覚醒する身体が形成されなかったため、この現世でスピリチュアルな旅(課題の克服)を終えると来世では、男女間の愛の中、陰陽統合することに決まっている・・・『こんな魂の修行のさせ方があるの?はじめて、観たなぁ~と』

施術中に薄っすら客観的に立ち位置で、自分の感想が思い浮かぶことがあり、その後はまた記憶に残るか残らないかは?トランス状態なのでそのときにならないと分からないのですが・・・

過去世からの魂の「記憶・記録」を走馬灯のように見せられたとき、その後、覚えていることはクライアントさんに勿論、お伝えします。

とにかく、その人それぞれの本物のドラマを見せてもらうと感動します。

そのときクライアントさんも驚いてはいるのですが、どこかで薄々気づいている、潜在意識では知っていることがあるので「なるほどね~。」となるようです。

最近は個人セッションを受けてくれるクライアントさんからブログの記事のことをよく聞きます。

探していたらAngelPalaceの記事が見つかり、知りたかったことが書いてありました。夢中で読みました。・・・と喜んで頂けるのですが、

私が書く記事は、実際にヒーラーとして自分のスキルの実践を行う(個人セッションやスクール)中でと、知識や学術といった点と点が結びつく発見があった結果なのです。

クライアントさんや受講生さんのお1人、お1人の魂レベル(本質)のストーリーを特等席で見させて頂いています。どんな感動する映画やドラマよりもそこには「真実」があります。

だからなのか、最近はスピリチュアルに目覚めていない人たちのお話しや会話を聞くことが苦痛なときがあります。「本音と建て前」を使い分けているのが分かるので、真剣に聞く気になれないのです。

そんな人にこちらが本心で話しをしても何の役にも立たないですし、エネルギーが消耗するだけなので・・・

魂の世界は偽りがありません。偽りがないものを伝えるときはその波動はとてもクリアで美しいです。ですからクライアントさんも純粋に受け入れてくれる、そして心が洗われたようにスッキリした顔になってくれるのだと思います。

個人セッションの最後の時間(お仕事の締めくくり)がピュアな波動で包まれる世界に、ご一緒させてもらえるは有難いことでヒーラーになったからこそ味わえる、異例なことではないかな?と感じます。

他のお仕事をされている人達でも、人との関りの中、感動や感謝することは多々あると思います。真実もたくさんあると思います。

でも、毎回、毎回「魂の世界は偽りがありません。」のような波動の中に入れることはないと思います。ヒーラーはその能力を使えば、使うほど毎回、高次元の恩寵に触れているのです。

だからこそ、天職についた後も、高次元の計らいでご縁を頂いた人たち(クライアントさん)のためにも、自分自身の能力を磨いていくことが必要であると私は思っていて、それが自分自身が唯一できる宇宙からのギフトに応えることになると信じています。

 

参考記事

 

神聖さに目覚めたことは現実世界ではステージが変わること

 

天から与えらた「能力・才能」は宇宙全体繁栄のために与えられています。決して自分だけのものではないのです。宇宙と共振していくので、今までとは違う認識を持たなくてはならなくなります。

特に天職につき、お仕事で対価を頂くことに対しては、物質次元での「お金」に対しての固定観念や思い込み、自己へ表現をする制限や限界を感じた自我の領域のそぎ落としをするため、今まで培った三次元の世界の幻想へ気づくことが課題で与えられます。

眠らせてしまっていた潜在力を全て解放されるために、テストをパスしていかなくては高次元から必要なときにサポートが入ってくる、宇宙と同調していく生き方にはならないのです。

人類の霊的成長は加速されます。自分自身を誤魔化し生きることが益々、困難になります。

「天職に巡り合えた」と自覚されている人や才能や能力に気づいた人、やりたいことがある人は自分自身が成長し繁栄されるチャンスを逃さずに、既知の範疇ではない今までとは違う「情熱」を見つけて下さい。

ステージが変わるときは今までの知っている範囲を超えていくことなので、過去を振り返り探してもその範疇では新しい人生の発展は望めません。

スピリチュアルなことを実践していたとしても、天から授かったものを使わないのは、自分のためだけに隠しているのと同じです。自分のためにも、天に対しても、周りの人にも、すべてに対して「愚弄」している行為なので、本当の豊かさは巡ってこないのです。

魂の意図と共振して生きるとは、エネルギーが活き活きと円滑に循環していることです。すべてに対して欺くことをやめて、本来の自分自身が感謝できることや感動することに目を向けて、それを体験できる可能な道を進んで下さいね。

来世、生まれ変わったら何になりたいですか?それは現世ではどうしても無理なのでしょうか?

私は来世は、はじめからもっと深遠なことが教授できるスピリチュアルヒーラーになりたいです(笑)

 

参考記事

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

スピリチュアルヒーラー・カウンセラー。 光の存在たちと共にあなたの本来の神性さを引き出す潜在能力を解放して幸福へと導くサポートさせて頂きます。ライトワーカー、ヒーラーのための 能力開発の指導、スキルアップスクールを開催しています。