プロフィール

スピリチュアルヒーラー
中野 こずえ

 

2009年スピリチュアルな世界への初めての関心は「レイキ」からでした。宇宙エナジーというのに惹かれ伝授してもらい、毎日、真面目に自己ヒーリングエネルギーワークを行っていました。

そこからカードリーディング、チャネリング、オーラ・チャクラリーディング、アカシックレコードとサイキックな能力を使うスキルアップをしたものの、できている感覚が持てず、練習しても上手くできず本当に心が折れました。

 

「どうしたら上手くなれるのだろう?」ただ、その一心・・・
そこから肉体の開発、自分自身の波動(周波数)を変容させるために「エネルギーワークに取り組み」やっとチャネリングができるようになった確信が持てたのです。

上手くできなかったことで私が気づいたのは、高次元の波動をキャッチしていくにはエネルギー体である「人の波動を高く変容させる必要がある」ということでした。

 

人の波動の方が周波数が低いため、高い波動をキャッチできるよう自分の波動を高くするために、その頃はまだ簡単にですが、高次元のエネルギーを毎日身体に流して、周波数を変えようとやってみました。そうするとチャネリングができるようになったのです。

 

その経験が今あるサイキック能力開発スクールの漸進になった「スピリチュアル・コアスクール」として形になり「エネルギーの世界」「サイキック能力の開発」を本格的に探求していくことへ益々魅了されました。「神秘な世界は面白い・・・」

 

2017年「道教ータオー」の世界に誘われ、奥義の実践をしていくうちに秘められていた潜在力が解放され、今まで学んだスキルと学術の点と点が結びつき、ヒーラーとして高度な技術を構築できるようになりました。

 

プラクティス、奥義の実践を続け自分自身の鍛錬しながら心理学、エソテリック、形而上学、仏教の教説、神秘学、東洋医学の人体と気(エネルギー)の仕組み、ムドラなど、現在もあらゆる方面から多様な探求を続けています。

オタク過ぎるぐらい肉眼で捉えられないことの研究をするのが楽しくて仕方なくて・・・エネルギーの世界の真実は実行可能なものだと認識してきました。

 

日本人のサイキック能力開発

 

私が今までの経験、ヒーラーのスキルで実践したことで日本人のサイキック能力開発には右脳的な感覚だけでなく左脳的な理解が必要だと思っています。

西洋人と東洋人の性質、遺伝子(DNA)の違いがあり、東洋人に合う能力開発をしなければ日本人の本来の特性が活かしきれず本領発揮ができないことに気づき、ひとり、ひとりの性質を活かす最善なサイキック能力開発、能力解放をしています。

 

私が学んできた道中はひと昔前より、スピリチュアルなことへの偏見が少なくなっていて時代が進む中、様々な情報を見聞きできることも多くはなっていたのですが、

曖昧なスピリチュアルのスキルや知識を教えている所も多く「どれが本当のことなのか?」「どこで習えばいいのか?」「本物の人は?」と随分と翻弄される人が多くでてきたのです。私もその中のひとりでした。

 

一緒にスキルアップスクールで学んだ人でも、現在ヒーラーというお仕事を辞めてしまった人もいます。自信が持てず辞めてしまったのは自分が学んだスキルを使いこなしている確信が持てなかったのだと思います。

 

ヒーラーはエネルギーに携わり、扱う技術職です。どの世界でも「技」を磨くことは簡単に成し遂げれるものではないです。

 

スポーツ選手が身体能力を衰えさせないために毎日練習しているのと同じように、ヒーラーという職業はサイキック能力を磨いていくことだと私は思っています。

スキルアップをしても実力が伴わないのは、サイキックな感覚を伸ばす手法を知らない人が多いのです。

 

スピリチュアルなスキルを使いこなせるようになるまで時間がかかりましたがあまりにも自分が不出来すぎたので、そのお蔭でチャネリングやリーディングが「分からない」「できない」と言われる人にどこを変えればできるようになるか?

潜在能力を引き出すことが得意になり、自信が持てる「プロ」になれるまでの技術とサイキック能力開発を教授できるようになり、神聖ヒーラーの育成に力を注いでいます。

 

 

お仕事で結果を残すことだけが人生ではありませんがライトワーカーとして光を届け、人の霊的成長に携わるヒーラーという職業につきたいのなら努力は必要です。

それは自己と向き合う闘いでもあり「継続は力なり」を実行できる強さなのかも知れません。

スキルアップをしてから自分の「技」に自信が持てるまで時間がかかったのですが、だからこそ受講生さんたちにハッキリ言えるのは「段階を飛ばさず」にヒーラーとしての基礎知識からしっかり学び、実践し、サイキック能力を研摩しながらヒーラーとして身につけたスキルの技術を1つ1つ丁寧にこなせば、必ずスピリチュアルなスキルを「自信」を持って使えるヒーラーになれます。

霊的問題を扱うヒーラーとして一流の技は「基礎づくり」「経験・実践」「能力の向上」3つを継続できれば必ず自然と身についていくものです。

 

2020年の現在、時代が変わりつつあり、波動が高くなっています。「ショートカット」して簡単にできる手法で、潜在能力(サイキック能力)を解放させるようでは、新しい次元の波動は感知できるものではないと思います。

何事も「基礎・基盤」が盤石でないと一定のラインを超えて、それ以上高く上がれないのです。

 

私自身「自分の能力に自信があるか?」と言えばそうでもありませんし、あまり「自信がある・ない」など考えていません。

ただ、1つ言えるのは「クライアントさんへのセッションで100%の力」をいつも出す為に常日頃、サイキック能力を向上させる120%の「修練」する努力はしています。

それは「確信」を持ってクライアントさんへのセッションができていることに繋がり、自分自身の能力へ確信を持てることは、ライトワーカーとしての現世で「魂の成就」することになると、私は実感しています。

(2020年4月21日)

 

・好きなもの

目に見えない領域のこと全般、叡智の探求

犯罪心理学系の海外ドラマ

 

・嫌いなもの

曖昧なスピリチュアル、卑劣な人

 

・特技

カルマ解消、

サイキック能力開発、

潜在能力の解放、霊障解消

仙骨エネルギー調整、浄化(2019年9月より技術到達)

33次元アカシックへのアクセスアプローチ技法(2020年5月技術構築)