【好転反応】波動転換期における心身の調整

 

地球のエネルギーが転換される時期は、人によっては心身の不調を感じます。

春分、秋分、新月、満月前など太陽と月のエネルギーが旺盛になる地球の波動変容により、私たち人は影響を受けています。

季節の変わり目を示す至点(夏至、冬至)や分点(春分、秋分)は、太陽と月のエネルギーがを体内に取り入れやすい特別な日が何回かあります。

太陽のエネルギーを取り入れるのに重要なのは「春分・夏至」月のエネルギーを取り入れるのに重要なのは「秋分・冬至」がキーになり、満月、新月は月のエッセンスを取り入れるのに最適になります。

暦の上でエネルギーの転換期は、人の心身に影響を及ぼすので、眠たい、頭がボーっとしている、身体が重い、頭が痛い、眼が痛い・・・など、スッキリしない体感がある方が多いようです。

今までも次元上昇の影響は人の身体に影響がありましたが、2021年秋分以降は、特にアセンションのスピードが早いため、追いつけていない人もいるのが事実です。

特に霊的進化が進んでいる人達は、潜在能力解放が進んできますと少し調整期間が必要な場合があります。

波動転換期における心身の不調と、人生の転換期の運気が落ちたとみられる現実が滞るときは、似ているようですが違います。

 

波動変容や次元上昇の波動の変化による影響

 

私たちの肉体は精神の乗り物と同じです。霊的進化を促されているとき、霊的な準備は整っていても(時期がきている)ご本人が顕在意識レベルで自覚できていないか?覚悟が決まっていないので、古い波動の周波数に引っ張られ、意識と肉体が統合できていないので心身の不調が起きています。

高波動のエネルギーが人の身体へ及ぼす影響は、潜在意識に潜んでいたものが浮上されているのです。潜在意識にあったものが顕在化されてくる・・・

アセンションと言われる宇宙の波動が高くなってきているエネルギーやヒーラーやヨーガの行者の方などが、瞑想やプラクティスをして効果の高いエネルギーワークに取り組むと高波動のエネルギーによって好転反応のような症状がでます。

波動変容(高波動に変わる過程)で潜在意識からネガティブなものが浮上されることで、意識レベルが向上することへ「反発」「抵抗」するのです。

潜在意識には、過去世の記憶(カルマを含む)や現世で封印したい記憶などがあります。過去世の記憶はそのとき、習慣化されていたものです。それには、良い習性、悪い習性両方あります。良いものは才能や特別な性質、悪いものはカルマとして改善するものです。

潜在意識がなくなるとは、顕在意識に潜在意識が上がってきて、常に潜在意識を自覚している状態ということで、潜在していたものが顕在化されているということです。三次元的に言うと、本当に覚醒の領域に達したら「潜在意識」が今までの「顕在意識」になっているということになります。

【覚醒への到達】サイキック能力と霊的成長の繋がり引用

 

覚醒や悟り、サイキック能力開発といったような鍛錬をしていない、スピリチュアルな修法をしていない方でもここ数年生きづらさを感じてきた、波動転換期には心身の調子が良くないという方は、高波動のエネルギーの影響によって、自身の潜んでいたものが浮上されている人はいいことなのです。

今後、地球上のエネルギーがどんどん高くなると各々の人々の性質やカルマによって、その人の段階によるのですが潜在意識まで、高い光(エネルギー)が届かないということが起きてきます。

そのようになった人は、潜んでいたものに気づくことができないのでカルマ通りに生きることになり、気づける機会を無くします。

私たち人が持つ周波数の方が高次元より低いために、地球の波動が高くなっている(上がる)今は、それと同調できない低次の波動のネガティブエネルギーは、浮上されて外へとアクだし、膿を出すようにでることが起きます。

それにより意識の変容を促される出来事が起きたり、精神的なブロック、未昇華なネガティブエネルギーが浮上されています。

自然に浄化が起きている状態でもあるのですが、アセンションは地球全体のカルマ解消をしているので、それに伴い霊的成長に必要なネガティブエネルギーの解消がされています。

 

参考記事

 

心身の調整、統合をする

 

肉体+霊的な身体(オーラ・チャク)のネガティブエネルギーの浄化を行うことです。

今までの自分の周波数の変容に加えて、時空間での上昇されているエネルギー、波動変化時期による混沌とされている「外界」のエネルギーの影響があります。

自分自身が高次元と同調していくための波動(周波数)へ、慣れていくしかないのですが、元に戻そうとする力の(抵抗や反発)などが働く場合や「他者」や「外界」の影響によって、低い方へ引っ張られるときに好転反応のようになる場合があります。

それはまだ自分自身の中の、肉体の内部にあるエネルギーの存在に、昇華されていない低いネガティブな存在があり、「他」の低い部分と同調してしまう状態なのです。

特に大した思い入れがあったわけではないのに急に浮かんでは消える・浮かんでは消える過去の記憶などは、残像印象が残っていてそれが潜在意識から浮上されています。

霊的進化するために、向上していても、時々テンションが下がる、落ち込む、堕ちた状態になるのは、意識が高くなり優秀な成長を果たしていても、乗り物である肉体の波動が低いままなので、統合が上手くいっていないからなかなか同じサイクルからでれないことが起きています。

霊的進化を果たす陰陽統合まで進む過程は、次元を超える最初の難解でもあるので、同じ所で立ち止まる人は見直すべきです。

アセンションの影響で、魂がより光輝く段階へきている人は、霊的進化されるために低いエネルギーの(カルマやブロック)存在を、昇華させていくことをガイドたちが促していて身体に刻印された「ネガティブ」なものを浮上させるのです。

次元上昇されていく地球の波動とすり合わせが整うまでは、ー時的に辛い時期が続くかも知れないですが、波動の高さについていくには、どんどんとネガティブエネルギーをヒーリングで浄化させることをして下さいね。

 

参考記事

 

エネルギーフィールドを護る・他のものからとの境界腺を引く

 

私たち人は周波数を放っている個体です。正確に言えば物質次元の地球上にあるものすべてが独自の波動を放っています。その個体それぞれの領域は・・・オーラのフィールドが自分の領域です。

そこで線引きをし、混じり合わないようにすることが自分自身の波動・波長の周波数を崩さないことになります。浄化や高波動のエネルギーで、精神性を高く保とうと内省やエネルギーワークで波動変容させようとしていても、そもそもが自分のテリトリーに邪悪なエネルギーが入り込むすきがあれば「本末転倒」です。

自分の周りの環境が整わないのは、波動の低い人たちに囲まれているのと同じです。浄化をし高いエネルギーの状態を護ることは、他のものに穢れさせられず自分自身の波動の状態をキープし続けることです。

アセンションが進んでいく過程の中でも低波動の「邪悪なエネルギー」がいなくなるわけではありません。自分自身の波動が高くなれば低波動のものとは引き合わなくなるのは事実ですが、三次元の地球上にあるすべての存在は人だけではありませんので、物理的に距離を取りにくいものはその時、その時の境遇で出てくると思います。

自分自身の波動領域の確立を取れるか?取れないかは?人生のステージアップされるタイミング、エネルギーシフトを加速させれるかどうかにも影響がでます。

 

参考記事

 

低い方へ引っ張られる「闇」好転反応

 

波動転換期の影響でカルマの「闇」に支配され、飲み込まれる人も多いのは事実です。しっかりと現実を観て三次元的な対処をしながら、心身の調整をつけないと他者からもらうエネルギーの影響が、人生を不運に巻き込む原因にもなります。

1番大切なことは「無意識」の集合想念と離れることをしておくことです。チャネリングなどで、地球外生命体からのメッセージを受け取っているつもりでも、無意識の集合想念レベルからの情報は、それ事態人間が創りだしたものなので低次元のものも多く、中には低俗な眷属に操られているものも多いです。

アストラル界の低次の闇の存在たちのエネルギーと同調するだけで、ネルギーを奪われる、又は心身を「汚染」される「浸食」がはじまります。

観る情報、参加するコミニティには気をつけることです。

 

参考記事

 

波動転換期はステージアップできるチャンス

 

魂レベルで、霊的向上してきたと自覚のある人は「壁」を超える、次のステージアップへと真剣になって下さい。

暦の上での波動転換期は、地球の波動はより変動していくときです。課題を越えるときにきている方は、特にすべてが停止される状況が顕現される場合があります。

パラダイムシフトをするときは、古いものをすべて一度壊して、新しいものを創造(切り替わる)していくことになるのですが、なかなか今まで自分自身の「波動」を手放すような固定概念を捨てれないので「壁」の前で立ちすくんでしまう人が多いのですが、1番簡単なのは何度も伝えていますが「選択する」「行動する」ことを変えることで、必ず今までと違う現実を顕現させることはできます。

 

参考記事

 

1、人生に行き詰まりを感じたら確認する3つの循環

 

「自分よし」「他人よし」「天よし」を確認します。

自分自身のエネルギーの循環
自分と他人のエネルギーの循環
自分と宇宙のエネルギーの循環

どれかに滞りがでてくると健全なエネルギーの循環ではなくなり、現実に歪みがでてきます。

そしていつも波動転換期に同じような問題で行き詰まる方は、それがカルマでもあるので解消されなくては、何回もテストの追試のように課題が出されるのです。

 

参考記事

 

2、3つの循環の滞りを改善するには

 

次元上昇している今は、地球の波動が上がっていますので、その光(エネルギー)に同調できるように自分の波動を上げないと多次元にわたって向上していきません。

悩むという同じ思考を繰り返しているサイクルからはでれない状態でいるのは、問題解決の糸口が分かれば、エネルギーワークなどで波動を高くしていくとネガティブなエネルギーは昇華されていき、健全な本来の精神を取り戻されると思います。

自分だけの力で超えれないと感じた場合や、繰り返される課題には気づいているけど前進できないでいる方、又は「問題はあるのだけどどうしていいか?さっぱり分からない」という方は、主観だけで対処をしているのでいつまでも「変われない」のです。

客観的な別の視点からアプローチを取り入れてみることです。カウンセリングやセラピーなどを受けて対処されると「1人の力」のエネルギーでは「力不足」で越えれなかった所がクリアになるはずです。

私もそうですが、他のヒーラーの方でも、波動が先読みができる人や自分自身のことをよく理解されている方は、波動転換期のリズム、サイクルの変化のときに自分が「信頼する誰かに依頼し、人の力を借りて、他者のパワーをプラスされて」エネルギーの調整をしています。その方法は人によって違いますが・・・行者が解脱への到達へ邁進するときも同じです。

特に「プロ」のヒーラーとして活動され、自覚のある方はいつも自分自身の状態に気をつけて下さいね。

自分自身の問題が、昇華できていないとお仕事に影響がでます。(お客様が来てくれない原因になっている方もいます。)

エネルギーのアップをできた人は、波動転換期に上昇していく波動と同調できていけると停滞していたことが、嘘のようにエネルギーシフトが加速されます。

当たり前の原理なんですよ。時空間の波動が高いのに自分の波動が低ければ、自分の居場所に波動の高低差があるので、生きづらくなるのです。なくなれば快適になります。

ずっと同じ悩みや問題を抱えていてエネルギーのアップをできた人は、波動転換期は「ジャンプ」できるときでもあるのですが、反対にこじらす原因になるのは、浮上されたネガティブな感情に「浸食」されることになります。

物事を先延ばしにしてしまう人は、良い方向にシフトチェンジされるチャンスをいつも逃がしています。

現状維持を望んでいると先ほど書いた原理によって、運気は上がることはありません。個人的には、現状維持は「衰退」の始まりと認識しています。

人生は長いようですが、本気で自分自身に向き合える時間は、意外と短いのです。

もう何年も前から言われていますが、アセンションは人類の霊的成長、進化が進むことでもあります。

それぞれが備わっている「潜在力を目覚め」させていくときなので、今までとは違うスピードで人類のカルマ解消の課題を超えるチャンスが与えられているのです。

潜在力の解放が進まれている方などは、今後も意識、肉体だけでなく「霊的進化される」精神、肉体、魂3つの統合を促されています。

どちらにしろ転換期の変化による心身の調整は、高次元の光と繋がりを強化していくことです。

それには純度100パーセントの自らの光(エネルギー)を強化、安定させていく必要があるのですが、天地を繋ぐグラウディングをすることで波動調整、自身の状態を早く整えることができます。

グラウンディングは現実世界と霊的な世界を融合するのにとても重要なプラクティスになります。ぶれない精神力を保ち、心身の調整をつけれることは、常に波動が高い状態を維持することを可能にします。

 

「継続は力なり」波動調整を行って生活を快適にする

 

内側の自己のエネルギーと外側の周りのエネルギー(オーラ幅までのエネルギーフィールド)と整えることが、心身を整える本当の波動調整です。それができてこそ、本当の意味でグラウンディングができている人ということにもなります。

簡単なワークのやり方、一部を切りとりして伝えられている簡易になるすぎた方法、などでワークのやり方を習ったことがない人のお話しを聞くことが多々あります。

後、一歩・・・「惜しい」所までしか自分自身のエネルギーの調整ができていない人も多いです。エネルギーレベルの基礎レベルのことを知らないので「惜しい」所までになってしまうのです。

広範囲の教義で言うと波動調整の積みあがったものの延長が「覚醒」とも言えます。惜しい所までだと結局はすべてが整わないので、バランスを崩したままです。

日常生活の中でエネルギーレベルを整える修法は難しいものではないですが、正しく学び生活に取り入れて下さい。正しくないと効果がほとんどない場合があります。

古代の先人たちが使えていた日本の伝統のエネルギーワークは呪術です。(その時代にエネルギーワークなどという言い方はないですよね。)元々は人間が生活していくことで、説明がつかない困難なもの(医学で解明できないものや目に見えない領域のことなど)への対処法としてあったのです。

長年の受け継がれているエネルギー(伝統)には「日本人の繊細な気質」や「安心」が詰まっています。本物の伝統を受けついだエネルギーは洗練されているものだと実感しています。

波動転換期だけではなくて、生活での不快なものの排除は日々の積み重ねから生まれるものだと思います。

基礎中の基礎を積み重ねていくのは地味な作業です。でもそれを行った人の努力を必ずガイドたちが観てくれていて、それが霊的成長に繋がっていきます。

自分のため、周りの人のために、生活環境を脅かす公害のような邪悪なエネルギーは排除していきましょう。自分自身の波動調整を行うエネルギーワークは正しく使い、生活を快適にしていって下さい。

2022年、アセンションにおける激動の時代は終焉を迎えます。安心・安全な環境は人を穏やかにし、調和が生まれますので、新時代と同調していくエネルギーフィールドへ自らを生成して下さい。

(2022.3.12更新追記)

 

下記へ続きます。合わせてお読み下さい。

 

 

参考記事

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

スピリチュアルヒーラー 光の存在たちと共にあなたの本来の神性さを引き出す潜在能力を解放して幸福へと導くサポートさせて頂きます。ライトワーカー、ヒーラーのための サイキック能力開発の指導、スピリチュアルヒーラースクールを開催しています。