受容力が低い人は自覚ないまま人間関係のトラブルを招く

セルフイメージとはあなたがあなたをどう思っているか?自分自身に与えている価値、評価のことです。

あなた自身があなたに与えている、価値がそのまま現実に顕現されてきます。(波動の法則、鏡の法則)

セルフイメージが低い人は、現実でも不当な扱いを受ける不遇な環境や条件と思う所へ身をおいたままということがあり、その状況のまま現実を過ごしているので現実と理想の違いにストレスを感じます。

 

セルフイメージが低い人は

 

1、受容力が低い

2、周りのせいにして被害者意識を持っている

3、承認欲求が強すぎる

ということが観られるのですが、自分自身ではなく他人を軸にしている外側の世界ばかりを気にされているのが変わらない原因にもあります。

 

あなたのセルフイメージがつくられたのは・・・

 

ほとんどの方が幼少期からの思い込み、固定観念やそのときの経験によって本来の魂レベルの本質とは違うその鋳型にハマっています。

1、3、の場合は遺伝子レベル、家系によって、あなたがそのとき両親からの教えや影響を受けたものを継承されていて、その基準にもとづき

私は○○できない、

私には○○する、○○できる価値はないと

初めから諦めてしまう成長期を送ってきており、大人になってもその枠の中からでない制限をかけることをされていたりします。

偽りの自己であるので、やりたいことをできないと諦めていることが多いほどストレスを感じ、ある段階に来られた方は霊的成長を促されて、本来の自己を思い出す魂と同調していく生き方を選びたくなります。

ここからがまた、霊的成長、魂の修行になるので、潜在意識の抵抗、自我の抵抗があり、変わろうとしても変わりきれない・・・なかなか前に進めないという経験をされる方も多いです。

参考記事

 

セルフイメージを創っているものは・・・

 

あなたの思考、あなたの感情です。

まず、悩みや問題があるのに、そのことについて真剣に取り組もうとしないのは、同じ思考のパターンに入り、変わることへのメリット、デメリットを模索して観たり、とにかく決断できないでいる・・・

 

 

受容力が低い人は人間関係でもトラブルを招く

 

変わることへの抵抗というより受容力が低すぎる、自分自身に与えることができないのは、いつまでも損得の考え方が根底にある場合があり、受容力が低いというのは与えることも人にできないので、基本的にせこい考えかた、自分の保身でしか物事を考えないということがあります。

保身というのは自分自身を守るため、現状維持を続けようとする、ある意味「本能的な」潜在意識の生命の存続とも関わりはあるのですが、物理次元で人生を精神的、物質的にも豊かにしたければ現状維持を望んでいると繁栄されることは顕現されません。

受容力の低い方は、ご本人は謙虚な気持ち、遠慮がちにされているつもりでも相手に対してはっきりと意思疎通をしていないため度々人間関係のトラブルを招きます。

お相手のためにはっきりとした意思を伝えることができてこそ、信頼しあえる関係を創れるのですが、そこが欠如していることに気づかなくては円満な人間関係は創れません。

ご本人は「いつも言いたいことを我慢していたり」「相手に合わせている」つもりなのでなぜ、トラブルになるのか?なぜ受け入れてもらえない結果になるのか?

分からないのですね。

ですがこの方の裏にあるのは、人のためではなく「ご自分が嫌われたくない」「合わせていれば無難だろう」というような自分都合なので、その心の内側はエネルギーで人に伝わっています。(カルマ的には不徳、邪心になります。)

ですから、いい人そうなんだけどあまり人から好かれないという方が多いです。

偽りの自己では真実の人間関係は築けません。

 

その反対の人、自己主張が強いけど嫌われない人

 

時々いませんか?遠慮なしに物をはっきり言う、自己主張が強いのに周りから慕われていたり、頼りにされたりする方このような方は嘘を言っていないのです。

ですから時々、言葉がきつく感じられることがあっても周りは信頼するのです。

 

どんな人もエネルギーレベルは嘘をつけない

 

私たち人は第6感というのは誰でも持っています。エネルギーレベルで察知している感覚があるのです。

いい人そうだけど、うさんくさい人というのも「なんでそう思うか?」って「なんかそんな感じがする」としか答えがでてこないときありますよね。

それは波動でその方のエネルギーレベルでの本心をキャッチしています。

 

セルフイメージを変えていくには

 

1、精神的な思い込み、固定観念の心のブロックを解消していくことと

 

長年にわたって積み重ねてきた感情のエネルギーを解消することが必要になります。

エネルギーレベルでの変容をするには、オーラ、チャクラを整えることが必要です。

特に何回も同じことを考え、同じことを思った感情のエネルギーは、よくも悪くもあなたの波動としてエネルギーレベルで持っていることになります。

それはどこにあるかと言うと身体のエネルギーセンターのチャクラに溜まっています。

そのクリアリングをしていくとあなたの波動が変わることになります。

 

参考記事

 

 

2、霊的問題カルマの解消

 

1のエネルギーレベルでの変容をされるとカルマの課題が浮上されてきます。魂の成熟度によってカルマの不徳も解消に至ることがあります。

 

参考記事

 

全てのことに対して正当な受容力をつけること、与える(行動する)、受け取るというのはすべてエネルギーの循環です。

参考記事

 

あなた自身があなたに対して正当な受容力を認めないといつまでも現実で精神的、物質的両方であなたに見合うものを顕現させれません。

周りや外側の状況ではなくあなたがあなたの身の丈をきめていくのです。

思考癖、感情エネルギーの解消はチャクラのクリアリングを行い身体が覚えている過去の波動は徹底的に排除されて下さい。

 

参考記事

 

私自身、愛情問題のことの課題で何回も躓き、その頃チャネリングも習ったけどできず・・・

チャネリングができるようになるように波動を高めることをしたのですが、結局そのエネルギーワークがすべてにおいて(精神的ブロック解消、霊的成長、波動変容)セルフイメージ、自己の改善ができ、潜在意識にあるネガティブなものが解放されたため、少しサイキック能力もアップことができました。

 

参考記事

 

不当な扱いを受ける、不遇な環境、状況のまま変わらないのは、自分自身が正当な価値を与えていない、自分自身を偽ることをされているからです。

自分自身を1番信じていないのは、自分だからです。

魂は不当な扱いを受けるような現実を望んでいません。だから何とか変わりたいと思うのです。

見合うものを受け取っていく決意をされて、それに対して前向きに取り組まれて下さいね。

 

参考記事

参考ワーク

 

 

 

       

ABOUTこの記事をかいた人

中野こずえ

スピリチュアルヒーラー・カウンセラー。 光の存在たちと共にあなたの本来の神性さを引き出す潜在能力を解放して幸福へと導くサポートさせて頂きます。ライトワーカー、ヒーラーのための 能力開発の指導、スキルアップスクールを開催しています。