【エーテルコード】繋がっている親子関係のカルマ

人が自分自身を語るときに、親や子の存在を無視して語ることはできないと思います。特に両親は自分自身がこの世に生まれた原因でもあるから影響がないということはありません。

血の繋がりは遺伝子レベルで刻印されているので、根源的なルーツでもあり、顔や性格が似ていたりするのは当たり前ですが、遺伝子レベルによる同族は遺伝子コードで繋がれているので、顕現されることは違ってみえるのですが、根本的に同じ問題の因子を抱えていることがあります。

子供は母親からの影響を大きく受けていますので、この場合、お母様の方が問題解決していくとお子様にも伝わり、変化を促すことがあります。

 

親子関係のトラウマはエーテルコードで繋がる共振

 

私たちは母親の胎内にいるときも生まれてからも、母親とはコードで繋がっていて、想い込みのというのは幼少の頃、培われることが多く精神面で「インナーチャイルドの癒し」必要なことが多くあります。

幼少の時からエーテル体レベルでの共振により、親から子へ影響を与えているとも言えます。

バイブレーション(振動)で伝わる「伝染している」という感じと理解して頂けましたら、分かりやすいかな?と想います。

エーテル体は感情の「好き」「嫌い」を感知しています。母親、父親の感情は、子供にも伝染(共振)しているのですが、特に母親とはコードで繋がっているので、子供は母親と波長を合わせようとします。

このことは良くも、悪くも遺伝子レベルの繋がりがある人同士は、相手の「気(エネルギー)」に反応するこになります。

母親が子供の危険をいち早く察知できるのも、遺伝子、血の繋がりゆえに感じ取れる能力なのです。

母親が父親との関係などで、不機嫌さを表しているときなどの感情エネルギーの刷り込みは、子供にもエネルギーレベルで刻印されています。

母親の「苦しみ」や「悲しみ」といった機嫌は、子供の方が敏感に感じ取ることが多いのです。

父親との関係では「忙しい」を理由に、子供とのコミニケーションを避けていた場合など(母親に子育てをまかせきり)子供は「分離感」を感じとっています。

母親が子育ての疲労や葛藤などで「イライラ」していたりすると、子供はその感情を敏感に感じ取っています。

そこで分離される、切り離される感覚を敏感に感じ取るので、もっと与えてほしいと「泣く」などの反応を見せることで、母親からの愛情をもらおうとします。

でも母親は自分のことで精一杯ですので、怒りや不安を子供にぶつける・・・大事ではないことなのに子供は敏感に感じ取り、見放されたくないから母親の顔色を伺う、褒められるために偽りの自己を演じます。

母親の「機嫌が悪かっただけ」の些細な事情でも、そのとき子供に影響を与えたエネルギーは「トラウマ」になることがあります。

基本的に親子関係で、幼少時に親と繋がっているエーテルコードは、健全な関係であるのですが、成人しても繋がりが強い場合「親離れできない」「子離れできない」お互いが自立できない関係になる「共依存関係」を創り、「歪んだ」愛情表現を生み出し、「執着心」や愛情問題で終わりのない「葛藤」が続く、関係性を成立させている場合があります。(パートナーシップでも見られます。)

同じような感情が湧くと記憶が蘇るのは、エネルギーレベルで身体が覚えているのですが、些細なことでも敏感に覚えていることがあるので、虐待やネグレクトなどは大きな傷にもなります。

子供への愛情表現が適切にできなかった親もまた、その親からの負のカルマを遺伝子レベルで受け継いでいることが多々あります。

 

カルマの法則基礎知識

参考記事

 

親子関係で受け継がれているカルマを解消する

 

因縁が深くないカルマ

精神性、霊的な向上で解消されていきます。

記憶は時と共に「真実」ではない場合があります。大人になるにつれて、間違った固定概念を刷り込み、間違った記憶を再生している場合があるのです。

エネルギーレベルで「子供への愛情不足」を感じながら成長すると、それがバイブレーションで伝わっていて、様々なネガティブエネルギーの刷り込みがエネルギーレベルで刻印されています。愛されたいと執着になっている場合もあります。

大人になりその事を解消していくのは、両親に対しての完璧な愛を求める思いと恨む思いの葛藤に気づき、親も人であり、ゆえに誰かの子供でもあるのです。親だからという視点を外します。

成長段階で親という役割ができていない未熟な部分があったことを認めて、そんな所があった親を受け入れていき、理想の両親像を手放すのです。

特に母親との関係で、いつまでもインナーチャイルドが癒せない人は、私の「母親には〇〇であって欲しかった」という理想を求めています。終わった過去のことに対して、理想を求めていることは、過度な欲求不満や葛藤になり、変わらない過去の記憶でときを止めます。

愛されたい「執着心」は愛されていなかったことを理由にし、自己肯定感をどんどん低くさせるので、あらゆることで「逃げ癖」をつける、自信のなさを顕現させている場合もあるのですが、どんな問題、どんな事象であれ、今起きていることを変えれるのは自分だけです。他人を変えることはできないのです。

子としての母親からの囚われを解消させていく事は、今のあなたに自由を与えることになります。

過去の記憶に囚われていることの方が問題で、カルマの生成していることになっていることやそれによってカルマの種子が発現していることが多いのです。

特定のものや事柄における執着心は、本来の神聖さからの受け取れるものを受け取れなくする歪んだ現実を必ず創り、自分自身の思考癖の範囲の中のサイクルに陥る、歪んだ現象を必ず引き起こしています。

お子様の変化、あるいは抱えている問題を知り、そのことで心配がでてこられている方は、ご自分の内側にあるものを観ていかれることで、その根本的な原因の「小さい単位で〇〇家」という遺伝子レベルでのカルマを解消をされると「親子で抱えている」問題への幻想の囚われを解消することができてきます。

愛がなせるワザでいつの時代も神秘的なミラクルを起こすのは、母親が子供を愛し、母から子へ伝わる共振なのです。

 

因縁が深い場合

・グループソウルのカルマ
過去世でも縁があり、現世でも家族や親族といったチームになり、生まれ変わっている、同じ課題の克服、昇華があるのがグループソウルのカルマです。

土地に根付き、ご先祖様のカルマの作用が働いていて、グループソウルのカルマの家系の単位は現世が日本で生まれているならば、カルマとなった因も何世代か前に日本でした行為が多いです。

・精神疾患や障害とカルマ
精神疾患や障害を持って、現世に生まれている方が親族にいる場合は、霊的な次元に原因があり、グループソウルのカルマの作用が働いているケースが多いです。

家系・遺伝子レベルでご先祖様のカルマが遺伝子レベルで何世代か後世に出ているという場合があります。平たくいうとご先祖様が犯した罪に関わっていた、関りはないけど遺伝子レベルで課題を与えられてしまった・・・というようなものです。

親に精神疾患や障害がある場合、子に精神疾患や障害がある場合ではカルマの質が違っています。私が観てきた中では、子に精神疾患や障害がある場合ケースでは、罪によってではないケースもあります。

その場合、特別な才能がそのお子様にはあり、親子のチームプレイによってカルマの昇華をし、霊的進化すると親子揃って、魂の本質と繋がって生きれる道が開けます。このケースでは、霊格が元々高い人が多いです。

輪廻転生の際に障害や疾患を背負うことを自分で決めてきていて、確実に才能を開く道を選ばれています。ただ、グループソウルの場合は、家系のレベルですので、親の「魂の成熟度」といいますか、「出来次第」な側面も出てきます。

このような場合の親子の人に会うと本当に思うのですが、霊的な次元での真実を知られて、お子様と困難があってもあきらめず、前向きに生きてほしいと思います。

霊的進化をするために昇華されてないカルマは、人生の転換期でエネルギーの種子が浮上し現れてきます。それが問題や困難と観られる現象です。

グループソウルのカルマは霊的進化するために転生していますので、昇華されれば、霊性向上、魂レベルの意図する生きた方と同一されていけるのですが、「霊的下落」に陥る場合もよく観られるのも事実です。

その際、アストラル次元の低層界と繋がり、不徳を積むことをされていく人がほとんどなのですが、上がってこれることはほとんどないと思います。

親が精神疾患や障害がある場合で、ご本人様の精神性が未熟な方は、低層界に引っ張られる人も多く観られるのは事実です。

長い歴史の中では「伝染病」が蔓延したときなどは、地球のカルマ、その土地のカルマとの相互作用で民族性のカルマの「闇」が噴出したという時代もありました。

高次元の世界への介入を利己的なことに使い過ぎている場合、人によっては現世の家族だけでなく「子孫」までに影響を与えるカルマの不徳を積む人がいるのも事実です。

【負の連鎖】遺伝子コードの呪縛からの解放引用

参考記事

 

親子関係の根源からの解決は

 

霊的成長を促す、アストラル次元の問題の解決には、親子関係の問題が出てくるのも多いのは事実です。人の性質、根源になるものは遺伝子レベルで受け継がれているものが多いからです。遺伝子レベル(血の繋がり)は、個人的な人生への影響は多大にあり、根本を解決しないと「負の清算」はできません。

アストラル次元での問題が解決しないと霊的進化を促す、次のステージにはいけませんので、血の繋がりの由来で、親子関係で継承されている過去の「負の清算」は人生の「重荷」を親子で降ろすことができるきっかけになり、それが可能になると不適切な親子関係が本来の「愛」を蘇らせるケースが多々あります。

ただ、そもそもの根源、由来を間違って認識しないことです。正常になりゆるものの誤解や障害は、人生での混乱や問題に繋がっていきます。

神秘な生命の種子・核心

私たちは自分自身が誕生された由来を間違って認識しています。その間違った認識は、本来の本質から少しづつずれていく原因になることを刷り込んでいる風潮があります。

生まれた誕生日は、この世に顕現された第2の誕生でしかありません。先天性で備わっているものは「いつ、どこで」刻印されたかというと子宮に宿った「受胎」が起きたときです。

生まれてすぐに指紋や皺があるのは、本来の本質は子宮に宿ったときに備わっている「証」で子宮に入ったときの「因」はカルマによるものであり、そのときに刻印されたものが人の本質であり真実です。

AngelPalace Sacred seedsセッション引用

占いや占術などは真実の開示まで至らないので、誕生日を起因にした統計学を信じていると現実世界で顕現されてくることの真実に対して、本来の性質から生まれてくるものを誤認します。

 

愛情問題のトラウマやカルマ解消をすると女性性の解放になり、受け入れる「受容力」がつきます。今の自分に相応しいものを受容できるのは、慈愛の心を持つことにもなり、霊的成長が進んでいきます。

自分に相応しいものを受け入れられないのは、自分自身に自信が持てず、認められない何か?があるのです。自分を認めてはいけないと頑なに誰かの教えや今までの経験でのことで傷つき、恐れて本来の自分自身を解放できないまま・・・でいるといった方が多いのは事実です。

いつまでも受け入れられないものが多いほど現実でも生きづらさを感じます。現実の境遇に不満を抱えることは益々、本来の本質との繋がりが持てず、迷いや悩みが増えるだけです。今、最大限に幸せを感じることを許可できないのは、本来の自己を見失っている状態であり、自分自身への「愛」を見失っているのです。

愛を見失っている状態は、人としての神聖さを思い出せない原因になります。1番大切な「宝」を不毛な観念に奪われている状態です。

存在のルーツである生まれたときからの遺伝子レベルのカルマの種子の開示は、間違った信念体系を築いてしまったことに気づかせてくれます。

たとえ三次元的には通常は不幸と捉えるような、ご縁が切れる親子関係であったとしても霊的成長のための由来であることに気づけば、今までとは違う「愛の形」を知ることに確実になります。

親子関係で悩みが深かった場合、そのカルマの解消は、三次元的な常識や顕在意識レベルでは、理解できない霊的なものを含む様々な「愛の形」を知ることになり、現世で親子として存在した関係性「縁 えにし」が、人生で大きな「宝」に変わる何事にも変えれない気づきになります。

そのことは、親を「超える」ことでも、血の繋がりに「囚われている」ことでもありません。

外側に発動された「愛されたい」という「欲望」や「期待」は過度な「失望」の原因になっていたことに気づくことが成熟され、洗練された「愛の形」を知ることになり、それはべったりとした相手に必要以上の期待や見返りを求めるような都合のいい愛ではないのです。

三次元的な人として培った範疇で、理解できようが、できまいが関係なく、洗練された愛は、霊的な側面での「宇宙の法則」「輪廻転生」の愛の「真実」なのです。

三次元的な言い方をすると、年輪を重ねて、その人の独自の「個性」や「知性」がにじみ出て「いい顏」になってきたと、周りから勝手に評価されることになるはずです。

抱えていた「業が落ちた」・・・ので、長年かけて個の確立ができたから、周りからは「顏が違って」見えるのです。真実の開示はあなたの根源からのルーツを解放させて、別のタイムラインへの移行を可能にします。

そのことは、宇宙と共振する本質と繋がり、忘れていた自分自身への信頼を思い出します。本来の自分自身の価値に相応しいあらゆるものを受け取るために、間違った信念体系で覆われたベールは脱ぎ棄てて下さい。

親子関係、遺伝子レベルからのカルマの課題は根深いものがあり、人生で苦難と思える障害が顕現されるのは多々あります。人が生まれてきたルーツの因縁は現世で1番取り組むべき課題であるからです。

でも、人は幸せになるために生まれ変わりをし、生きています。その権利を誰かや何かに侵されていてはいけません。カルマに支配されている状態は、あらゆる側面で葛藤を生み出します。

霊的成長の目覚めは、目覚めるための解放や昇華が必要なのです。自分自身の尊厳を大切にし、「目覚める」決意をされて下さいね。何者にも束縛されないためには、過去のトラウマや歪んだ信念体系を昇華し、真実の愛へと目覚めて下さい。様々な葛藤から解放されるはずです。

 

 

参考記事

 

 

 

   

ABOUTこの記事をかいた人

中野こずえ

スピリチュアルヒーラー・カウンセラー。 光の存在たちと共にあなたの本来の神性さを引き出す潜在能力を解放して幸福へと導くサポートさせて頂きます。ライトワーカー、ヒーラーのための 能力開発の指導、スキルアップスクールを開催しています。