【エーテルコード】繋がっている親子関係のカルマ

 

日本人の民族性のカルマの解消が進んでいます。血の繋がりより親子関係で、継承されているカルマがあり、それを解消される段階へこられてる方が多くいられます。

 

血の繋がりは遺伝子レベルで刻印されているので、根源的なルーツでもあり、顔や性格が似ていたりするのは当たり前ですが、集合意識レベルの民族性のカルマで遺伝子レベルによる同族は遺伝子コードで繋がれているので事象は違うのですが、根本的に同じ問題を抱えていることがあります。

 

子供は母親からの影響を大きく受けていますので、この場合お母様の方が問題解決していくとお子様にも伝わりお子様自身にも変化を促すことがあります。

 

親子関係のトラウマはエーテルコードで繋がる共振

 

私たちは母親の胎内にいるときも生まれてからも、母親とはコードで繋がっていて、想い込みのというのは幼少の頃、培われることが多く精神面で「インナーチャイルドの癒し」必要なことが多くあります。

幼少の時からエーテル体レベルでの共振により、親から子へ影響を与えているとも言えます。

バイブレーション(振動)で伝わる「伝染している」という感じと理解して頂けましたら、分かりやすいかな?と想います。

エーテル体は感情の「好き」「嫌い」を感知しています。母親、父親の感情は、子供にも伝染(共振)しているのですが、特に母親とはコードで繋がっているので、子供は母親と波長を合わせようとします。

このことは良くも、悪くも遺伝子レベルの繋がりがある人同士は、相手の「気(エネルギー)」に反応するこになります。

母親が子供の危険をいち早く察知できるのも、遺伝子、血の繋がりゆえに感じ取れる能力なのです。

母親が父親との関係などで、不機嫌さを表しているときなどの感情エネルギーの刷り込みは、子供にもエネルギーレベルで刻印されています。

母親の「苦しみ」や「悲しみ」といった機嫌は、子供の方が敏感に感じ取ることが多いのです。

父親との関係では「忙しい」を理由に、子供とのコミニケーションを避けていた場合など(母親に子育てをまかせきり)子供は「分離感」を感じとっています。

母親が子育ての疲労や葛藤などで「イライラ」していたりすると、子供はその感情を敏感に感じ取っています。

そこで分離される、切り離される感覚を敏感に感じ取るので、もっと与えてほしいと「泣く」などの反応を見せることで、母親からの愛情をもらおうとします。

でも母親は自分のことで精一杯ですので、怒りや不安を子供にぶつける・・・大事ではないことなのに子供は敏感に感じ取り、見放されたくないから母親の顔色を伺う、褒められるために偽りの自己を演じます。

母親の「機嫌が悪かっただけ」の些細な事情でも、そのとき子供に影響を与えたエネルギーは「トラウマ」になることがあります。

 

基本的に親子関係で、幼少時に親と繋がっているエーテルコードは、健全な関係であるのですが、成人しても繋がりが強い場合「親離れできない」「子離れできない」お互いが自立できない関係になる「共依存関係」を創り、「歪んだ」愛情表現を生み出し、「執着心」や愛情問題で終わりのない「葛藤」が続く、関係性を成立させている場合があります。(パートナーシップでも見られます。)

同じような感情が湧くと記憶が蘇るのは、エネルギーレベルで身体が覚えているのですが、些細なことでも敏感に覚えていることがあるので、虐待やネグレクトなどは大きな傷にもなります。

子供への愛情表現が適切にできなかった親もまた、その親からの負のカルマを遺伝子レベルで受け継いでいることが多々あります。

 

カルマの法則基礎知識

参考記事

 

親子関係で受け継がれているカルマを解消する

 

記憶は時と共に「真実」ではない場合があります。大人になり、自分の固定観念(思い込み)をつけ加えている場合があるのです。

エネルギーレベルで「子供への愛情不足」を感じながら成長すると、それがバイブレーションで伝わっていて、様々なネガティブエネルギーの刷り込みがエネルギーレベルで刻印されています。

大人になりその事を解消していくのは、母親も人であり、成長段階で未熟な部分があったことを認めて受け入れていき、理想の母親像を手放すのです。

いつまでもインナーチャイルドが癒せない人は、私の「母親には〇〇であって欲しかった」という理想を求めています。

終わった過去のことに対して、理想を求めているなんてことは、何の解決にもならずその記憶で時を止めています。

どんな問題、どんな事象であれ、変えれるのは自分だけです。他人を変えることはできないのです。

子としての母親からの囚われを解消させていく事は、今のあなたに自由を与えることになります。

お子様の様子の変化、あるいは抱えている問題を知り、そのことで心配がでてこられている方はご自分の内側にあるものを観ていかれることで、その根本的な原因の「民族性の小さい単位で〇〇家」という遺伝子レベルでのカルマを解消をされると「親子で抱えている」問題への幻想の囚われを解消することができてきます。

愛がなせるワザでいつの時代も神秘的なミラクルを起こすのは、母親が子供を愛し、母から子へ伝わる共振なのです。

 

参考記事

 

 

自分自身が母親との関係を「癒せてない」それにより、現実で同じことで悩むという方は、親子関係の根源から解決する霊的問題の解決に取り組まれて下さいね。特にライトワーカーの方は必須ですよ。

宇宙の波動が高くなっていく今は低い波動を持っていると、より高い次元へと移行する世界で明確な高次元の存在とは繋がれません。

愛情問題のトラウマやカルマ解消をすると女性性の解放になり、受け入れる「受容力」がつきます。

今の自分に相応しいものを受容できるのは、霊的成長が進んでいきます。自分に相応しいものを堂々と受け入れていき、違うと判断したものには拒否をする勇気を持つことができます。

私たちが生まれてきたルーツのカルマ、血の繋がり(遺伝子レベル)は、個人的な人生への影響は多大にあり、根本を解決しないと「負の清算」はできません。

血族による血の繋がりの由来で、親子関係で継承されている過去の「負の清算」は人生の「重荷」を親子で降ろすことができるきっかけになり、それが可能になると不適切な親子関係が本来の「愛」を蘇らせるケースが多々あります。

それは現世で親子として存在したその人達だけの「縁 えにし」が、人生で大きな「宝」に変わる何事にも変えれない気づきになります。

三次元的には通常は不幸と捉えるような、ご縁が切れる親子関係であったとしても霊的成長のための由来であることに気づけば、今までとは違う「愛の形」を知ることに確実になります。

親子関係で悩みが深かった場合、そのカルマの解消は、三次元的な常識や顕在意識レベルでは、理解できない霊的なものを含む様々な「愛の形」を知ることになるのです。

三次元な人として培った範疇で、理解できようが、できまいが関係なく、その愛の形は霊的な側面での「宇宙の法則」「輪廻転生」の愛の「真実」なのです。

そのことは、親を「超える」ことでも、血の繋がりに「囚われている」ことでもありません。

三次元的な言い方をすると、年輪を重ねて、その人の独自の「個性」や「知性」がにじみ出て「いい顏」になってきたと、周りから勝手に評価されることになるはずです。

抱えていた「業が落ちた」・・・ので、長年かけて個の確立ができたから、周りからは「顏が違って」見えるのです。

 

参考記事

 

 

 

 

     

ABOUTこの記事をかいた人

中野こずえ

スピリチュアルヒーラー・カウンセラー。 光の存在たちと共にあなたの本来の神性さを引き出す潜在能力を解放して幸福へと導くサポートさせて頂きます。ライトワーカー、ヒーラーのための 能力開発の指導、スキルアップスクールを開催しています。