【真実の愛】魂レベルで巡り合うご縁

スピリチュアル界では、ツインソウル、ツインレイ、ツインフレーム・・・など聞きますが、平たく言うと広範囲になりますが、ソウルメイトのことだと思います。霊的な側面でご縁がある関係とはカルマが関係しています。

 

愛情問題の悩みは人の成長過程では、顕現されることも多いです。その人の性質には、カルマとして刻印された由来があり、性質となっているものが自覚なくてもカルマの種子である場合が多々あります。

それが人格を形成している歪んだ信念や囚われ続けている幻想、思考経路により誘発する感情となって身体にプログラムされているケースがあります。

正直言って私は、ツインソウル、ツインレイ、ツインフレーム・・・などの違いは詳しくありませんし、興味も持てませんでした。(勉強不足ですいません。)

ツイン○○のことを見聞きするとその由来や根源がはっきりされていない人が多く(探せなかっただけかも知れないです。)三次元の世界、アストラル次元と同じ条件づけのお話しが多かったからです。

魂の領域の世界は、アストラル次元を超えた領域になります。メンタル次元、コーザル次元の領域で縁が発現されないものは、魂レベルとは言えないというのが霊的な真実です。

先頃、風の時代・・・ということでまた、色恋話しが多いようですが、魂レベルの愛ではなくて、あくまでも囚われている色情のカルマレベルのことを勘違いなさっているのでは?と思います。

そもそも地がない所には風は発生しないです。土台がない話、基礎がなっていない話は、人を路頭に迷わす諸悪の根源になりかねないということがあります。

ヒーラーは、エネルギーレベルに誠実であるべきであり、そうしていると霊的な真実が理解できてくると思います。

 

求めても巡り合えない・・・魂レベルでの繋がり

 

スピリチュアルの世界では恋愛、復縁、不倫などパートナーシップの問題を解決してくれるお悩み相談が多くあります。復縁成就、縁切り・・・なんて言うのもありますね・・・それだけ愛情問題に心が砕かれる人が多いのですね。

アストラル次元の問題は、また同じようなことを繰り返します。ただ、それもご本人様の魂の成熟度にも関係がありますので、どんなに求めても魂レベルのご縁と結ばれるまでに至れないケースも出てきます。

その人の霊的進化の成熟度合いが反映される・・・というような感じと思って頂ければいいです。

悩みや問題を解決したい、生きやすくなりたいという願望があるのは悪いことではありません。ただ、お金や色恋沙汰というのはカルマそのものであることが多く、欲が執着や妬みなどに変化しているとそのことに囚われてカルマの不徳を積むばかりになっている人もいます。

 

環境や条件選んでいるパートナー

 

ほとんどの人がその時の自分に見合っている条件で選んでいる・・・って事が多いです。

結婚するのなら年収は・・・、家族構成は・・・、性格は・・・、この人なら浮気はしないであろう・・・、大切にしてくれるはず・・・、あまりにも家柄が良すぎる人は、私にはハードルが高いので、このぐらいの塩梅の人が丁度いい・・・、勤め先、職業が安定しているから・・・

自覚しているのか?していないのか?は、さておき、その時の自分自身の環境や状況にあった人を選んでいるということが多いと思います。

育った環境の教えや社会のルールに合わせて、自分自身が不幸にならないであろう・・・という条件を決めています。自分自身を守るために幸せになれる条件を自分が設定し、当てはめる人を探すのです。

パートナーシップで悩みも抱えている人は、年月が経ち、相手がはじめと違う、自分が予測していた範疇でなくなるので「悩みになった」という結果になっているケースが多々あります。

このような場合は、自分自身の内面と向き合うべきです。

魂レベルのソウル○○を探している方も同じです。

三次元のアストラル次元での環境や条件で、魂レベルの人を探しても今の自分自身の制限や制約を超えることはできないので、頭で想像している理想を求めているだけです。

現実世界で出逢った人をツイン○○という見聞きした条件に合っているかどうか当てはめている以上、三次元のアストラル次元を超えていない真実に気づいていないので、余計と愛情問題の傷、カルマを現世で生産しています。

やっていることは、一般の結婚相手の条件に合う人を探している人と同じようなことをしているのです。ツイン○○に合っているかどうか?そこで一喜一憂している・・・私たちは結ばれることが決まっているから・・・結ばれなくても出逢えたことが「運命」・・・

え~、素直に愛する人と結ばれて下さい。

様々な状況が交差し、時間の経過とともに機が熟すこともあるでしょうが、出逢っているのになかなか結ばれないのは、韓国ドラマのようで・・・辛気臭いです。

個人的にですが、感動される人も多いのは分かるのですが、同じことをぐるぐる繰り返す、恋愛話は苦手です(笑)観ているだけで疲れます。

明るい未来が遠くなるようなことを記憶や思い込みで創造してしまうのは、不幸のはじまりにしかならず、適切な受け取れる幸せを逃し、運気を下げます。いつだって自分自身の選択が未来を決めているのです。

運命の相手、過去世からのご縁など「待ち続けたり、眺めている」ものではありません。すべて頭の中で想像している世界になります。備わっている存在を顕現させることは自分で「運気」を開くことになります。現実で創造させるにはエネルギーが「動く」ことがないと何もはじまってないのです。

カルマの因縁によるパートナーシップの問題で魂の成長、霊的進化を果たせば、カルマの清算になるのは事実ではあるのですが、どのような問題もややこしくしているのは、ご本人様が培った間違った信念体系や我欲が大きいということも多々あります。

 

参考記事

真実の愛とは理想を追うことや条件がつくことではありません。

 

愛情に理想を求めている人・・・自覚されていない人も多いのですが、愛してほしかった人の「影」を追っている場合があります。現世での記憶の中にある親から愛されたかった理想を追ってパートナーを選ぶということをしています。

子供の頃、愛してくれなかった親の特徴に似たいい所、悪い所を再現するようなお相手を選ぶ・・・

理想とする愛をくれなかった親の悪い特徴は、大人になり、自分自身を失望させます。また、私は愛されない・・・再現させてしまうのはカルマを含むご本人の悪癖、性質です。当てはまっていると思われる人は血の繋がり、親子関係の問題を解決して下さい。

 

カルマの課題の場合は、過去世で昇華しきれていない色情のカルマの問題。愛されたかった、愛してほしかった、満たされなかった欲望を叶えたいという因果関係があるケースがあります。

色情のカルマの問題は、スピリチュアルな世界で活躍していらした方でも、そちらの罠にはまり、アストラル次元の低層界へ陥る人も多々、見受けられます。

そうゆう人を観ると「あ~勿体ないなぁ・・・カルマを超えれなかったのか・・・」と残念な気持ちになります。ステージアップのときは、必ずその人が輪廻転生のときにこの現世で1番修正をしなくてはならない問題が顕現されるのは事実です。

自然に湧き出て、人に善を尽くせるだけでも十分な「愛」です。仰々しく装飾するものではありません。スピリチュアル界には、仰々しい人が多いです。偏りがあるのは、二極の極性を超えれていないので、魂の統一の世界など分かるはずもありません。

物質という有形のものではないので愛を語っていると分かりにくいですが、エゴから発生している愛を求めている、語るのも異常ですし、おかしいと思います。

逆もしかりで、男女間の性的な行為を悪と決めつけ、恋愛やパートナーシップのような関係を否定するのも違います。健康的な「性本能」はなくてはならないものでもあります。

「性本能」は人の本質でもあるのですが、色情のカルマを発現させる原因になっていると人によっては血の繋がりによる自分由来ではないものを遺伝子レベルで抱えているというケースもあります。

色恋沙汰の色情のカルマは「性・さが」によって、止まらない情動に駆られて同じ間違いを犯す人もいます。「愛・恋」なのか?性的欲求なのか?空虚を埋めるため、満たしたいがための支配なのか?

エゴの執着が強いほどそこにはネガティブな感情を誘発します。そうなると怨念のようなものに変わるケースもあり、当事者でない人間からみるとそこまで追い詰めなくても・・・というような人の生死に関わるようなことへと発展することが観られます。

色情のカルマは過去世での無念な想いを輪廻転生のときに、現世で改善・修正する課題としているケースが多いです。

 

参考記事

 

 

霊的な側面で観る、魂レベルのご縁はどこに存在しているのか?

 

研究と実践を重ねて、いまだに探究中ではありますが・・・現在の私が開示できた領域までお伝えしたいと思います。

男性と女性は肉体の構造が違います。その後に続く身体(霊体)の順序も違うのです。

男性⇒女性 女性⇒男性・・・といったような順序で、一定の領域まで各階梯で違いがあり、エレメントも違います。(基礎中の基礎はオーラ・チャクラリーディングの真髄を理解すべきです。)

霊的な問題解決は、特にカルマの因縁が関わるようなことや過去世から影響を受けているもの、家系、ご先祖様由来で継承しているものはアストラル次元でのカルマの因縁を解くのは必須であり、カルマ解消は必要かと思います。

恋愛やパートナーシップの霊的問題は、霊体での相性を観ないと霊的問題の解決には至らず、その領域に触れると断然、質の違うセッションになります。

霊体は、二極の極性を超えた次元から男女の違いもなくなります。その身体が陰陽統合です。オーラ・チャクラといった霊体の真実を見抜けない人が多いのも事実です。

恋愛に限らず魂が意図するものとの「真実のご縁」は、コーザル次元に存在します。真実の愛、清らかな人間関係、天職といったものに繋がっていくご縁はそこにあります。

エネルギーレベルで簡単に縁結びや縁切りなどできるものではありません。100歩譲って、アストラル次元での縁切りはできたとしてもご本人様の霊的進化が未熟な限り、もっと複雑になった状況で悪縁になるものを引き寄せる可能性も出てきます。

人のご縁を人の手によってコントロールするのは、簡単に行っていいものでもなく各次元の領域や霊性といった神聖さを歪めない技量が必要になります。神の領域へエゴを持っては入れません。

愛のある関係性は至る所で存在します。ただ、まん延している簡単な虚偽の愛ではありません。

人は生まれてから死ぬまで愛を求めて生きているのかも知れません。真実の愛に出逢える、精神性が高い人たちとの関係は、嘘や偽りがないので心があらわれるはずですし、その中にいるのはハートを開きます。

心の平安は信頼や信用を超えるものだと思います。

真実の愛は誰にでも備わっているものです。霊的成長が未熟な方、精神がアストラル次元に囚われている間は見つけられないものでもあります。

人の身体には、過去世も含む様々な固定疑念がエネルギーレベルで蔓延っています。特に思考癖に偏りがある人は統一の世界に入る陰陽統合ができませんので、真実の愛に触れれない致命的なものになります。

統合していくには重くて粗い粒子のそぎ落としが必要です。ネガティブな固定概念や低い波動の精神性は修正し、改善すべきです。魂レベルの統一の世界へ入る、スピリチュアルな探求は簡単な道ではないのは事実です。

愛は魂の変わらない側面でもあります。誰とどのような形で愛の交流を図りたいのか?そのためにあなたは何をしますか?

求めて、欲しがる前に・・・あなたは自分自身の真実を知る準備はできていますか?

霊的進化が進まれてきた方は、本当のご縁が結ばれていくのは事実です。それはアストラル次元の問題、現実世界で顕現されることや自分自身の悪癖に向き合い対処できた人が次に進めるということです。

自分の都合で頭で想像する、理想とするようなご縁が結ばれるということではありません。真実を知る覚悟ができていない方には、一生かけても体験できない世界ではありますが、魂の変わらない愛の世界は誰にでも備わっているものでもあります。

今まで見聞きした、三次元での条件や常識を削ぎ落す(手放せたら)ことができれば可能になります。培ったものの固定概念が崩壊すると・・・今までと違う世界のことを観れるようになります。

ステージが変わる、魂の領域は統一の世界です。その領域でのご縁を紡いでいる人のリーディングに携わったことがあるのですが、美しいを超えたものがあります。

永遠に結ばれるとは何度も輪廻を超えて、やっと巡り合い、現世でご褒美を貰ったようなものかも知れません。真実の愛で結ばれている男女間の愛を築けている人はこの世にどれだけいるでしょうか?

もっと言えば、自分と自分を取り巻くすべての関係性において、惰性や妥協、曖昧、不誠実といった濁すようなものが一切ないクリアーな状態ですか?

わかりやすく解説しますと濁りが多いほどどんな関係性でも「真実」から遠くなり、魂のレベルで生きている姿勢ではない・・・ということになります。

純粋な光り輝くものと共振や同調するには、自分自身が穢れなきクリアーになっていくことが重要になります。

 

参考記事

 

 

 

 

   

ABOUTこの記事をかいた人

中野こずえ

スピリチュアルヒーラー・カウンセラー。 光の存在たちと共にあなたの本来の神性さを引き出す潜在能力を解放して幸福へと導くサポートさせて頂きます。ライトワーカー、ヒーラーのための 能力開発の指導、スキルアップスクールを開催しています。