スピリチュアル的なお金の悩み、問題解消

お金について・・・

 

三次元の世界で人間レベルの

お悩みには金銭的なことは

重要視される事でもありますね。

 

 

人は三次元で生きている限り

お金の悩みはどこかででてくるのも多く、

 

スピリチュアルの世界へ来られる方は

愛情問題とお金のことがリンクされて

問題を抱えている人が多いのは事実です。

 

 

セルフイメージによりお金や物質的豊かさの受け取り拒否をしている

 

セルフイメージが低い、自信がない方は

「受容力」が低いのでお金を受け取ることへ

抵抗がある人が多いです。

 

 

「私なんか、頂く価値はありません」と

潜在意識で思っている人がいます。

 

 

全てにおいて人の好意を素直に

受け取れないことでもあります。

 

 

何かを貰うことに遠慮してしまうという人は

褒められることになれていない人が多く

謙遜でも

「いいえ、私なんてまだまだで・・・」

 

自分を卑下するような

受け答えをしていませんか?

 

 

霊的遺伝子コードにも

関わりはあるのですが

 

このような会話を現実でしている限り

その人の現実はすべてにおいて

セルフイメージを超える以上のものは

受け取れません。

 

それが波動の法則でもあるのです。

 

 

参考記事

 

 

スピリチュアル的にお金の問題を抱える人のカルマとチャクラ

 

・ライトワーカーとして活動をされる方

 

AngelPalaceでもご縁のある方々で

ヒーラーとしての資質や

サイキックな能力は間違いなくある人なのに

 

「こずえさんのスクール受けたいのですが

お金がありません。」

 

スピリチュアルな学びをしたいのに

「お金がない」「払えない」

という状況で・・・と

お話しを聞くことがあります。

 

 

お金の問題を抱えている人は

共通しているのが

 

霊的成長されるために

カルマの課題があり

物質次元での「お金」ということを通して

生き方を問われています。

 

 

霊的成長はグラウディング力と関係があり

グラウディングはあらゆる基礎でもあって

物質的な豊かさ、グラウディング、両方

第1チャクラに関係しています。

 

 

霊的成長の最終段階は第7チャクラ(頭頂)を

開いていくことなのですが

第1チャクラに詰まりがあると

第7チャクラを開いていけないのです。

相互関係なのです。

 

 

スピリチュアルに目覚めて

霊的成長する道を進むときに

その学びの「お金が出せない」と

いうときは

 

カルマ解消どきであり

エネルギーレベルでの「受容力」

受け取る度量や

エネルギーの流れのパイプの拡大をする

カルマ解消のチャンスなのですね。

 

 

霊的成長するために

根底にある(第1チャクラ)の問題の

昇華を促されいます。

 

 

そこを超えるとステージが変わり、

魂レベルで生きることになる人がいます。

 

 

実際にそのときにお金の問題をクリアにして

スキルを身につけた人は

「天職」につかれいるパターンが多いです。

 

 

・過去世で闇の存在と契約されている人、

 

いいのか悪いのかは別として

「闇」との契約によって

スピリチュアルなことで

お金を儲けられている人もいます。

 

 

ただ、ご本人は自覚されていないはずですが

「もっと、もっと」と

喉の渇きを埋めるように

お金を欲する状態が続いているようです。

 

 

お金は人を介して、自分の手元に届くので

これはエネルギーレベルで

交流をされている事なので

 

そのお金を払ってくれている人の

想念を一斉にエネルギーレベルで

受け取っています。

 

 

我欲ばかり増長させることへ絡めて

お金を払ってもらっていますので

そのパワーに心身が堪え切れていない人が

多々いるのも事実です。

 

 

この行為はカルマに関係していて

三次元で観える世界「表」では

 

お金を稼げる成功者のように観えていて

そのことに共感してくれている人から

羨望のまなざしで

憧れの人のように映っていても

 

その裏(エネルギーレベル)で

起きていることは心身の崩壊で、

そのうち身体が動かなくなる手前の

人もいるのは事実です。

 

 

・過去世からのカルマの影響で貧困続きの人

 

通常レベルでお金に困るではなくて

貧困続きの人、

貧乏から抜け出せない人の中には

「業が深い」「闇が深すぎる」人がいます。

 

 

現世だけでなく、別の次元でも

カルマ解消できるチャンスを

ご本人で潰しているケースが多いのです。

 

 

三次元的に言うと「聞く耳を持たない」

人という事です。

 

 

関わると非常に面倒なことに

巻き込まれる可能性があります。

 

 

今の時代に現世で

スピリチュアルに携わりながら

ずっと貧困状態の人は

精神的に未熟な人が多いです。

 

 

「グラウディングができていない」以前の

問題を抱えているのは事実です。

 

 

スピリチュアルを勘違いしていると

現世で大きな「影」を落とすことになります。

 

 

・お金に困ることが一時的にある人

 

その原因となっている要因があるのですが

精神レベルでは愛情問題、

霊的レベルではカルマが原因で

自覚できない領域で

エネルギーの循環を滞らせている

ブロックの存在があります。

 

 

チャクラのプログラムで観ると

第1チャクラの

物質次元の本能的欲求

 

第2チャクラの

愛情問題にブロックが生じている

ケースが多いです。

 

 

本能的欲求は「生存」する

「安全性」「安定感」「安心」を求めています。

 

安定感を求めるばかりに

お金の不安ばかり抱えている人は

第1チャクラが閉じています。

 

 

人のエネルギーの循環は陰陽統合する

二極の流れがあるのですが

肉体の基底にある第1チャクラが

閉じているのは

 

根本的な所からエネルギーが

循環されないことになり

物質次元で味わえる「金銭的な豊かさ」

「自分の自由な時間」「愛」「喜び」などの

恩寵は受け取れないことになります。

 

参考記事

 

 

お金のエネルギーの循環とは

 

金銭的な豊かさは

エネルギーレベルでの問題でもあり、

 

お金という物質はエネルギーの循環で

受け取る量も決まってきます。

 

 

物質次元での金銭的な滞りは

エネルギーの循環が滞っていて

心身の「陰・陽統合」のバランスが

偏っている状態でもあります。

 

 

お金に対してのメンタルブロックは

カルマとの関係性でもあるのですが

個人レベルでのカルマ、

集合意識レベルでは民族性のカルマにより

現世に影響を与えています。

 

 

お金の循環が上手くいかず

生活に困ることがある人は

「お金がない」「足りない」という経験を

ずっとしていますと

お金が入ってきても払う(出す)ことへの

抵抗を刷り込んでしまっています。

 

 

お金を出し惜しむことをされているのは

永遠に豊かな人生とはほど遠くなり、

 

健全なエネルギーの循環ができていないので

ご自分へとお金が巡ってくることを

遮断させていることになります。

(セルフイメージにとても重要なことにもなります。)

 

「出さない」から入ってもこないのですし、

自分自身のことにお金を

「出し惜しむ精神」は

豊かな精神とは1番ほど遠い行為です。

 

 

お金のエネルギーの循環とは

豊かな精神を持ち、

 

その行為により

自分の所に廻り巡ってくるときに

「お金」という物質になって

返ってくることが

滞りのないエネルギーの循環です。

 

 

自分を大切にされていない行為や

お金を出し惜しんでいる人は

自分の所でエネルギーの流れを止めていて

他者にエネルギーは廻していないので

当然、エネルギー循環の巡りは

よくはならないですし、

波動は低いままです。

 

 

波動の法則は似たものが周波数で

顕現されるので

お金の巡りは悪いままです。

 

参考記事

 

 

人間レベルの悩みお金の問題は終焉させるときです。

 

金銭的な問題を抱えている人は

お金が払えないことで「チャンス」を

逃すことが多くなり、

 

益々、負のサイクルからでれない

パターンにはまり

 

より苦しい環境、状況を

顕現される場合があります。

 

 

お金がない現状を続けていますと

生活や将来に対しての不安や

 

「やりたいことができない」

「好きなものが買えない」ストレスで

常に不足感を抱える、

不平不満を抱える、

 

酷い場合は「被害者意識」を

持つようになります。

 

 

自分自身の感情による

ネガティブエネルギーを

 

オーラやチャクラに刻みこみ

そのエネルギーを身体に刷り込んでいるのです。

 

 

これはどんな悩みであってもなのですが

そのときの感情を

エネルギーレベルで刻印していると

 

その波動の状態をいつまでも

続けていることになります。

 

 

「お金がない」という状況を

経験されている人は

 

自分自身の内的問題に取り組まず

金銭的に恵まれようとするのは

無理があるのです。

 

 

参考記事

 

 

お金のブロックを解消していくには

 

物質や自己保身のための安全性ばかりに

執着しすぎるのはよくないですが

自己と向き合わない限り

貧困問題は解決されにくいです。

 

 

お金がないのが悪いのではなく

あなたが「必要なお金」を

「自由」に使えない状況が問題なのです。

 

 

お金が「ある」「ない」という

価値観ではなく

職業に関係なく

お金は自分自身が「生み出せる力」が

あることを認識する、

 

ポテンシャルを発揮される才能へ

気づくことは

 

今までとは次元が違うことを

体験しますので

お金との関係性が

大きく変わることになります。

 

参考記事

 

 

お金の問題の先天性、後天性

 

先天性で刻印されている

遺伝子コードのカルマなどの

関係もありますが

 

 

後天性では「所有する力」を養うことです。

自分に相応しい「物」や「時間の使い方」

「仕事」などを手に入れることです。

 

 

お金持ちの家に生まれた人は

高くても買えることが当たり前であったので

ものや時間にお金をかけることに

恐怖感はありません。

 

 

満たされていることが当たり前なので

失う恐怖心が少ないのです。

 

 

あるのが当たり前、

お金は入ってくるという考え方なので

エネルギーの循環も滞ることがないので

益々、豊かになっていきます。

 

 

例えば、旅行や移動の交通費などは

時間をお金で買うことになります。

 

 

学生時代に友達と深夜バスで

東京に行ったとか

そんな思い出は皆さんあると思います。

 

 

学生時代はお金がなくても楽しめた?

ということでしょうか?

 

 

そうではなくて、選べる選択しが

制限されていたのです。

 

 

今、私がスクール開催するのに

交通手段で深夜バスに乗って

経費を浮かすことをすることなどは

 

エネルギーの消耗を考えると

安いから何でもいい訳ではないです。

 

 

スクールの「質」が悪くなっては

豊かさ所か

つならない節約をした結果、

自分のお金を減らしたくないために

人に迷惑をかける行為ですね。

 

 

物という「有形」のものより

「無形」の時間などにお金をかけれることは

意識レベルの違いがはっきりと

分かることにもなります。

 

 

「何かを買う」「何かをする」というときに

皆さん、予算ということを考えるはずです。

 

 

自分がその中のやりくりで

お金をかけることに躊躇するものは

何ですか?

 

「無形」の物、

時間や旅行先の景色、移動手段、

食べたらなくなる「食事」などに

躊躇される人は

 

「所有する力」養わないと

人生を左右する「お金の問題」の解決は

根源的にされないかも知れません。

 

 

「目に見える形に残らないもの」に

対してまでの

「価値観」「認識」です。

 

 

手元に残らないものには

「お金をかけたくない」という価値観は

 

自分の所に残らないものに対して

価値を見いだせない、

形あるものだけに対しての「執着」でもあり

 

その真意は

人の行為を見極められない

心眼を曇らせていることでもあります。

 

 

物質次元で「所有できるもの」を

選べるようになると

自分にとって必要な本当に欲しいものが

分かってきます。

 

 

そうすると物質に対しての過剰な執着や

本能的生存欲求の安全性を求めすぎて

人生を「窮屈」にしていくことが

なくなっていきます。

 

 

それが上位チャクラを解放させる

霊的成長のエネルギーの「解放」の流れの

始まりです。

 

 

※上位チャクラ(第5~7チャクラ)は

霊的成長、スピリチャリティ

非物質次元に対応しています。

 

参考記事

 

 

 

精神的、霊的問題両方からお金のブロックを解消する

 

自己の信念体系、プログラムの変更し

無意識に行っている

同じサイクルのパターンからでる(変更)ことです。

 

 

同じサイクルから出ることは

違うタイムラインへと進むことになります。

 

 

参考記事

 

 

金銭的に滞りが現実的問題としてある方、収入を増やしたい方

 

霊的成長されるには

人間レベルでの幸福は当たり前ですので

進んでいきたいなら

その問題と逃げずに向き合って下さい。

 

 

精神的レベルでのお金に対しての認識をする

 

1、私がお金がない状況で得ているものは?

2、現実に顕現される繰り返されるサイクル、パターンは?

3、お金がないことで都合のいいことは?

4、誰かを責めて、被害者意識を持っていませんか?

 

胸に手をあててご自身の心の中、

意識を観察されて下さい。

 

 

被害者という立場をとり続ける以上

自分自身の価値、

セルフイメージを下げています。

 

 

 

参考ワーク

 

参考記事

 

 

お金の問題解決は人間性の根源を変えることにもなります。

 

ストレスの原因になっている

未解決になっている葛藤を手放すことで

人生において感謝できる機会を多く

創ります。

 

 

人生に感謝できることが少ないのは

神聖な意志を発見できない原因になり

霊的成長できません。

 

 

私自身よく受講生さんに言うのですが

「お金の問題で解決できることは

分かりやすくて楽なのよ。」と・・・

(私自身もお金のことは過去に苦労はしましたが 笑)

 

 

物質として「ある」「ない」を

認識できるものは

それほど難しい問題ではないのです。

 

 

霊的問題で目に見えない領域の

エネルギーレベルで

自覚できることが少ないほうが

問題を長引かせることが多いのです。

 

 

お金がないことで

人生に苦労をしている人は

 

現実で「ない」ことを

自覚されていますので

改善されずに繰り返されるパターンは

 

魂レベルが望む生き方、あり方を見つけ

人生を前向きに生きる覚悟ができれば

お金の問題での滞りはなくなります。

 

 

物質次元への囚われが解放されないと

ステージアップされていけません。

 

 

「形あるもの」も「形ないもの」も

時間という制約がある三次元では

「永遠」に続くものはないのです。

 

 

私はお金のことで苦労や

惨めな思いをしたこともあったのですが

今はお金は生きている間

滞りなく循環できていればいいと

思っています。

あの世にお金はいらないですから(笑)

 

 

お金の問題があると思っている人でも

本当にお金が「ない」人は

少ないです。

 

 

本当に「ない」人は心身の調整ができていない間に

精神的なアプローチの引き寄せの法則などでは

解決するのは難しいので

行動を変えることをするのが先決です。

 

 

全力で仕事をする、

もしくは仕事を増やす、など

 

物質次元での解決策は明確で

単純に収入を倍にするように

働き先を増やし

当面の金銭的な安定を時給や固定給で

貰うことが

1番分かりやすい解決策でもあります。

 

 

お金は「ある」けど

なくなるのが怖い

減るのが嫌だとなっている人が

多いのが事実です。

 

 

お金が減ることが不安になるのは

生存本能に結びつく

メンタルの問題がある事の方が多いです。

 

 

お金は「ある」けど

使えるお金が「ない」ではなくて

使いたくないのでお金は「ない」のです。

 

 

なくなる、減ることへの抵抗がある間は

2極の極性のバランスが悪いので

お金の循環が決して

よくなることはありませんし

 

抵抗が1つあることで

すべてにおいて人生の流れに乗れず

運気もよくなることはありません。

よくて現状維持程度です。

 

 

自覚できなければカルマが原因ということも

多々ありますが

「減る」「なくなる」といったことへ

不安を感じ「抵抗」をするのは

どこからきているのか?

心の声を聞いて

その原因を確かめて下さい。

 

 

霊的成長をされて

宇宙の天意と共振していくと

「必要な分は用意(お金は)される」と

スピリチュアル的に言われる意味が

理解できるようになります。

 

 

人生での不安や怖れがなくなることは

自分自身への信頼へと繋がり、

三次元的でも「繁栄」を現します。

 

 

 

参考記事

 

 

 

 

 

 

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

中野こずえ

スピリチュアルヒーラー・カウンセラー。 光の存在たちと共にあなたの本来の神性さを引き出す潜在能力を解放して幸福へと導くサポートさせて頂きます。ライトワーカー、ヒーラーのための 能力開発の指導、スキルアップスクールを開催しています。