松果体の活性化をすることで第3の目(サードアイ)が開かれサイキック能力は開発される

 

サードアイを開いていくには、眉間の真ん中表面だけをヒーリングなどしていても活性化、解放はできません。

 

サードアイ(第3の目)とは・・・

 

サードアイは眉間の真ん中に位置しています。眼や神経系、脳の松果体と関係していて直観力、第6感を感知するセンサーであり、サードアイが開くとサイキック能力を解放していくのですが、意識は真理と知恵と慈悲に目覚めるようになります。

高次のレベルに存在する周波数の源となっている、未知の領域を探究する際に使われます。

松果体に届く「吸収」「放出」のエネルギーワークをしていき、訓練していかないと正しく活性化させることはできないです。

(参考図)

サードアイ、松果体位置

 

 

松果体とは・・・

 

身体の主要なレセプター(受容器)であり、脳下垂体とも密接に関係しています。

松果体が活性化されると内的な視力(第3の目)で「オーラ」が視えるようになると言われています。

松果体の受容力とは、視覚でとらえられる(見える)ことではなく、第6感以上のシックスセンスを使い、視える範囲、察知できる範囲のことを指しています。

 

サードアイを正しく解放しないと及ぶ危険

 

各チャクラはエネルギーの出入り口になっているのですが、スピリチュアルな世界に関心のある方で直観や透視能力を高めるために、第6チャクラだけを活性化させる方がいます。

グラウディングができていない状態で、サードアイを含む上位のチャクラを開くのは、下位チャクラにエネルギーが降りない状態なのでエネルギーの循環ができていません。

エネルギーが上から下に流れず、第6チャクラで溜まると気が上がり過ぎている、過剰にエネルギーが頭部に昇ってしまい、脳が「オーバーヒート」する原因になり「妄想」「幻覚」をみるため危険です。人によって「魔境」に陥る人も出てきます。

魔境に陥ることや妄想を観る世界というのは、簡単に説明しますと高次元の世界と繋がっていると勘違いをし、低い次元と繋がるとその存在に「憑依」されたり、サードアイをコントロールされることになり(思考を支配される)その存在と同調しエネルギーの共鳴をしていることになり、自覚していない間に「霊障」にかかることが出てきます。

妄想を観ている状態は、人によっては物質次元のことがおろそかになり、気が散漫しているような状態で、必要な適切な判断ができず頭が回転していないようにも見られ、社会でのコミニケーションに支障がでます。

人によっては三次元レベルで生きるためのバランスが取れないようになる、スピリチュアルの世界に偏りすぎの現実の認識が歪む、世捨て人のような人になります。

 

参考記事

 

下のベースになるチャクラを整えてから、喉のチャクラのバランスを取り、正しい手順で行わないと自分自身や現実との関係が希薄になり精神的、肉体的に異常きたすことがあります。

 

何度もお伝えしていますが、エネルギーのバランスをよくしてから順序をおってサイキック能力を解放していくのが、安全にヒーラーとしてのお仕事を続けられることになります。

 

参考記事

 

サードアイを正しく解放することが覚醒への道のはじまり

 

松果体、脳下垂体は、北極星、北斗七星と密接な関係で、松果体で北極星のエネルギーを感知できます。

私たち日本人は太古から北斗七星エネルギーと同調して生きてきているのですが、今は惑星や星との交信をする能力が遮断された人が多いのですね。

眠っている松果体、脳下垂体が活性化されることで、ご自身の持っているサイキック能力解放されてその後、第7チャクラ霊的進化される仙界の世界へと進んでいくのです。

仙界まで到達できる、全て昇華してしまうと聖者と言われる転生をしないマスターになるのです。

なんとも不思議ですがこれも事実なのですよ。

第6チャクラの解放、コントロールできるようになると第6チャクラから下のチャクラ全ても整い、第7チャクラに対応する霊的成長、進化のプロセス、「悟り」と言われる境地へ入られる真実の覚醒です。

去年からメルマガなどではお伝えしているのですが、惑星や星と共振し地球に必要な情報を降ろすことができるように個人的に能力開発に取り組んでます。

元々ある能力なので開発次第で、初歩的な所とは繋がれるのです。

3センターの統合、能力開発のための心身波動を整える訓練は必要ですが、北斗七星などと繋がることは肉体の開発が進めば(忍者の時代の身体能力の開発に近いですが・・・)備わっている能力を解放させることで難しくなくできます。

ヒーラーの方で「覚醒」という認識レベルは様々ですが、どこまでのことで「覚醒」と言っているのかは、その方のサイキック能力の開いた範囲、意識レベルの問題もありますが、ちょっとしたサイキックの発達ごときで「覚醒」と言っているのは、アストラル次元の領域の範囲で、想念エネルギーによる別の世界を創造し、「覚醒」とされている人も多いです。

宇宙と共振する「魂レベル」領域ではないことは事実です。

松果体の活性化は、ライトワーカーとしてどんどんと潜在能力を解放していき、スキルアップと霊的向上をされたい方は惹かれる世界であると思います。

精度の高いリーディング能力を身に着けていくのは、サードアイを開いていくことで能力を上げてはいけますが、松果体を活性化させてサードアイが解放されていくと、三次元の世界と高次元を繋ぐハザマのエネルギーを感知していけるようになります。(言葉にするのは難しいですね 笑)

意識の表層だけでなく裏にあるエネルギーが読めるようになると、物質世界の現象される前の非物質の世界「いまここ」のエネルギーがキャッチできるようになります。(いまこことは現在のことではありません。)

正しい手順でサイキック能力の解放、発達させることは当然ながら、能力の「差」がでるのは当たり前です。

 

参考記事

 

真実を感知できるサイキック能力開発とは?

 

くどいくらい(笑)ヒーラーとして、サイキック能力を使いながら行うセッションの「質」の重要性は言っています。

今はアセンションが進み地球の波動もどんどん高くなっています。その時空間で高次元と繋がるのは、ヒーラー側も微細な高いエネルギーの波動をキャッチできるようにならないとそれについていけないのでは、チャネリングやリーディングなどできないからなんです。

ここ数年、スピリチュアル界を見ていても分かるように、中途半端な状態で誤魔化し、今でも妄想レベルでチャネリングやリーディングをしているヒーラーがたくさんいるのも事実です。

霊的な微細な非物質なエネルギーを感知できるようになるのは、霊障レベルのネガティブなものも、高次元の繊細で微細なエネルギーも「サイキック能力(霊能力)がどれだけ解放されているか?」と「正しい知識を兼ね備えているか」で、そのヒーラーの器量が決まります。

アセンション終盤になるにつれて中途半端な知識や能力では、宇宙と共振できるライトワーカーとして通用しませんので、しっかりと霊的知性を身に着けて、向上心を持って霊的成長されながらスキルアップされた「才能」を眠らせず、最大に能力を引き出せるよう取り組まれて下さい。

自分自身のため、あなたが関わるクライアントさんのために「誠意」のある態度で学ばれると、正真正銘の高次元からのサポート、恩寵が届きます。

 

 

AngelPalaceではヒーラーが安心して安全に
サイキック能力開発をして頂けるスクールカリキュラムがあります。

 

 

参考記事

 

 

 

   

ABOUTこの記事をかいた人

中野こずえ

スピリチュアルヒーラー・カウンセラー。 光の存在たちと共にあなたの本来の神性さを引き出す潜在能力を解放して幸福へと導くサポートさせて頂きます。ライトワーカー、ヒーラーのための 能力開発の指導、スキルアップスクールを開催しています。