チャネリング・リーディング習ったけどできない理由

 

AngelPalaceでよく聞くのが「チャネリング、リーディング習ったんですけどできないんです・・・だから向いてないと思って諦めてたんです。」よ~く気持ち分かります(笑) 私もはじめはそうでしたから・・・

スキルアップスクールで習ってもその時は少しできたような・・・でも、その後また全然できなくて・・・何回やっても高次元のメッセージが分からない、本当に心が折れました(笑)

ですから途中諦めて半年ほど身体の感覚を高める、波動を上げることだけに専念しました。その経験がサイキック能力開発スクールの原点でもあります。

結果、オタク心に火をつけ、肉眼に見えない世界を探究することに夢中になるいい修行をさせてもらいました(笑)

 

参考記事

 

 

チャネリングやリーディングが習ったけどできない原因は・・・

 

私には「できてない」「できない」という思い込みのブロックもありますが、そもそもスキルアップされたスクールの性質はどんなものでしょうか?プロレベルに至るまでのカリキュラムでしたか?

講師のスクールに対する姿勢やサイキック能力開発の指導ができるレベルでしたか?

技術を教えているのに「皆さんのタイミングでできます」や「次元上昇によりみんな波動が上がってきているので誰でも高次元と繋がれるようになります」など言われる方がいますが、エネルギーレベルの基礎を知らない、無責任な方の言う事は信じない方がいいと思います。

ヒーラーにとって、エネルギーレベルでの影響がリスクにあることに対しての事実に無責任な人です。

目に見えない、視覚化できないことなので、知っているのか、いないのか?分からないですが、いい加減なことを言う人も一部いるのは事実です。

中途半端なスキルアップにで終わらせないためには、1から基礎をしっかり学んでその後、応用ができるようになって下さい。

小学生のときのお勉強と一緒です。足し算、引き算、掛け算、割り算ができないと基本的な計算ができませんよね。エネルギーレベルも基礎を学ばなければ、応用レベルの技術、手法を自分のものにできるまでの感覚は磨かれません。

ヒーラーのお仕事を一生続けられる自分のものにしたければ、ご自分のために「学ぶ時間」と「エネルギー」を惜しまないで下さいね。

 

1、高次元と繋がる条件の整え方を知らない

・情報源が明確

・時空間がクリア

・ヒーラーがクリア

・セッション中はノンジャッジメント

・セパレーション方法

 

5つ基礎的なワークを知らないとヒーラー、クライアントさん両方にとって、安全で最善な質の高いセッションはできないです。

セッションどきの空間を波動調整し、クリアなものにして、自分自身の心身を整えてから高次の存在を信頼してセッションを行うことが明確な質の高い高次の存在との繋がりを持てるのです。

スキルアップしたけど「できない」と言われる方は、能力を発揮できる最低限の条件を整えないままチャネリングやリーディングを行っている可能性があります。

質の高い高次元と繋がるためにはヒーラー自身の心身をクリアにすること。セッション前の肉体の波動調整や日々のヒーラー自身のクリアリングの行い方、セッションどきにクライアントさんとのエネルギーレベルでの影響を残さないためのセパレーションの方法・・・

それらを正しくすることで、高次元の存在との繋がりを明確なものにしていけます。

私たちヒーラー側が低い波動のままでは、愛と叡智の高次元の存在からの高いエネルギーは受け取れないので、ご自身で「受け取る器」(ボディ)を磨いていくことも必要なことです。

セッションどきの空間の波動調整もとても大切です。

私たちの生活している空間には様々な周波数(波動)が混同しています。波動は低いもあれば高いもありますが、低い周波数(波動)が存在しているとセッションをするとき高次元の情報を受け取るのに、時空間の波動が混線している状態になりますので、クリアにすることは必須です。

最後に1回、1回のセッションごとに、エネルギーレベルでの遮断を行い他者からのエネルギーレベルの影響を持ち越さないことは自分のため、クライアントさんのためにプロとしてとても重要なことです。

 

 

2、チャネリングやリーディングができる光のボディへの変容のさせ方を知らない

 

参考記事

 

 

3、「できない」となっている時、エゴが邪魔をしている?

 

できないとなっている時は、「ご自身でやろうとしている」高次元の存在に委ねていないのです。自分の思考(エゴ)が邪魔をして、受け取る感覚を遮ることをしているのです。

・自分の思考なのか?高次元の情報なのか、区別がつかず解らない?となる。

・「合っているか?」「間違っているか?」を気にしすぎている。

 

練習期間中にとても多いのですが、受け取った感覚を信じないのです。真面目で一生懸命上手くなろうとする裏返しでもあるのですが、自分の思った通り、今までたくさん自分が見聞きしてきたスピリチュアルな情報にあてはめて考えることをしていませんか?

自分の情報、既知の世界にあてはめることをしようとすることは、ジャッジしているのですが高次元の情報をストレートに受け取ろうとしないことをしています。

見聞きしてきた、自分の頭の中の知識で「正しい」と判断したことだけを採用しようとしている「心の癖」がないか?よく自分の意識を観察して下さい。

高次元の情報をキャッチするには一切の主観はいりません。エゴからの情報は正しい高次元の情報ではありません。自分自身の主観や波動が混じっていい、チャネリングやリーディングはあり得ません。純粋な高次元からのメッセージではなくなります。

人それぞれの成長段階が違うので、受け取ることが違うし、主観があってもいいと言うようなことを言うヒーラーがいますが、鵜呑みしないで下さい。波動の領域、階梯の区別がついていないのです。

高次元の領域へアクセスしていてもヒーラーによってクライアントさんに伝えるメッセージ結果は違いがあるのは事実です。ただ、純粋な高次元と繋がれているか?少しばかり変性意識に入った程度のなのか?は明らかに違います。

主観が入るようなメッセージを届けるのなら「ヒーラー(霊能者)」とは言えないですし、人間が頭で考えれる経験値程度の情報でいいのなら、ヒーラーに相談しなくても、経験豊かな人に相談すればいいです。

主観なのか?高次元のメッセージなのか?自信が持てない所でもあります。スキルアップスクールで繋がれるようになったときの「壁」でもあります。

ここの区別、波動の違いに確信が持てるのは?サイキック能力を発達させていくしかありません。

 

高次元からのメッセージを「受け取ろう、受け取ろう」と力みすぎて、構えている

 

私たち人は三次元で身体感覚の癖で「視ようとする」とそこへ意識を合わせます。目に力が入る人が多いのです。(サードアイに力を入れるのです。)

確かに高次元の情報はサードアイから情報をキャッチするのですが、そこに力を入れると「できない」となる大きな理由なることにもなります。

チャネリング・リーディングをするときにこの「やろう」「視よう」とする状態を緩やかにする「意識の置きどころ」を知ると

「何か観えたけどすぐ消えました。」「何かあるんですけど言葉がでてきません。」などという所が解消されます。

実際にAngelpalaceの受講生さんたちは、基本通り実践されて「できない」「分からない」となってもアプローチを変えて、実践して頂きますとほぼできるようになられます。

繋がるコツを身体で覚えてもらうという感じでしょうか?

 

人は成長過程において、自分の頭で考えない、思考をしていないことは「ない」ものとします。頭で考えることが、感情を支配し、もっと言えば、それは現実創造を形成しているとも言えます。

過去世を含む培ってきた心身の波動はチャクラにあり、その波動が高次元の情報を受け取れない器(心身)となっています。

三次元で生きてきている人は、こうやって第6感を封印してきたので、真逆のことができるようになるには、高次元と共振できるようになることが必要なので、自分自身の身体の波動変容をさせるのが1番早いです。

思考癖が偏っている人は、純粋に高次元と繋がれない傾向にあります。エネルギーの出入り口は、頭頂の第7チャクラともう1つあります。

思考癖に偏りがある、いらない思考しすぎている人は、頭の周波数、波動が混乱している状態になります。入口で混線するので、高次元との繋がりを遮断させるのです。

 

陰陽統合させていくエネルギーの循環に至るまでのサードアイを開く、サイキック能力開発をしていくとバランスがとれてくるので繋がれるようになります。

陰陽統合とは右脳・左脳のバランスを取ることになります。

 

参考記事

 

エネルギーストリーミング

 

チャネリング・リーディングというのは、エネルギーストリーミングを行います。

ありとあらゆる感覚器官で伝わってきます。

・視覚

・聴覚

・感情

・味覚

・嗅覚

・触覚

・直感

・身体感覚

エネルギーは情報です。そのエネルギーをありとあらゆる器官で、受け取れることをエネルギーストリーミングといいます。

このエネルギーストリーミングができるようになるコツは「身体の波動変容」をさせるのと「意識の置き所」を覚えるとできるようになります。

エネルギーストリーミングは、教えなくてもチャネリングやリーディングするときに、神聖ボディに変容されたら勝手にできるようになっている方もいます。

リーディングの基本は情報をキャッチし、三次元の言語化をしながら伝えるのは、時空間と一体化して、エネルギーストリーミングをするとでてきた情報に対して「A」と「B」という別々の事象の関連性や繋がりというのが、早く理解できるようになります。

スピリチュアルの世界で言う点と点が繋がるということです。

 

 

参考記事

 

できない、分からないのは情報にアクセスするアプローチを変えないから

 

ヒーラーという職業は、微細なエネルギーを扱う職人だと私は思っています。

練習中は高次元と繋がりメッセージを受け取ることをしていきますが、この時、解らなかった場合、できないものを「できないまま」にせず、情報にアクセスするアプローチの方法を変更することです。角度を変えると別のものが「観えたり」「感じたり」「聞こえたり」してくるんです。

「できないもの」を「できないまま」にしない・・・別のアプローチへの変更。この事を教えて貰うのは大切です。

同じやり方、方法でできないのに、同じことをやらされていても、「本当にこの方法でできるのかな?」と疑心暗鬼にもなります。

確かに高次元と繋がる手法は数多くのやり方があるのではありません。基本的なラインは同じだと思います。ただ、講師が受講生さんの能力を把握していれば、フルセンサリーへ統合させる方へと導くはずなのです。

能力の長けている所、伸びていない所を見極められる講師なら、できないとなっている癖を見抜けるはずです。できないとなっている癖が見抜けないとその人が本当に長けている能力にも気づかないはずです。

よっぽどご本人様がサイキック能力を解放するにあたってのブロックがない限りは、癖を修正すれば、繋がれるようになるはずです。

スキルアップをする過程で、かかった時間が関係あるかと言えばそうではないですが、技術職はやはり1日や数週間程度できるようになるとは、私は思えないです。

できる人もいられるかも知れないですが、クライアントさんから金銭を頂ける「プロ」の実力までには、到底なれないはずです。

何日習ったからという訳ではないのですが、1回のスキルアップスクールに通ってみて、できないと諦めている方、確かに「できない」「分からない」のにチャネリングやリーディングを練習するのは、段々と自己嫌悪に陥りストレスになるので、やりたくなくなってきて当然ですが(過去の私もそうでした・・・(笑))

スピリチュアルの世界に関心があり、ヒーラーとしてお仕事をしてみたいという思いや願いが残っているなら、もう一度、信頼できる講師、受講生さんの能力を見極めて、そのとき、そのときの成長段階で最善なアドバイスをしてくれる講師の元で、自分自身の「才能・能力の発揮」「サイキック能力の発達」を試してみて下さい。

基礎レベルからの学習を怠らず、正しく取り組めば「できる仕組み」を必ず覚えます。それには自分自身でできるようになる「サイキック能力の開発」やヒーラーのスキルを上達させる地道な練習は必要ですが、自分自身の「能力の向上」はどんなケースであれ、新しい自己の「発見」でもあり、未知への「遭遇」です。

サイキックに目覚めてこられた方は、自分自身の「才能」「能力」を発揮する勇気を持って下さい。魂の意図と同調していく生き方に変わるはじまりになります・・・

 

長くなりましたので・・下記の記事に続きます。合わせてお読み下さいね。

 

 

参考記事

 

 

 

     

ABOUTこの記事をかいた人

中野こずえ

スピリチュアルヒーラー・カウンセラー。 光の存在たちと共にあなたの本来の神性さを引き出す潜在能力を解放して幸福へと導くサポートさせて頂きます。ライトワーカー、ヒーラーのための 能力開発の指導、スキルアップスクールを開催しています。