チャネリング・リーディング習ったけどできない理由

 

AngelPalaceでよく聞くのが

「チャネリング、リーディング

習ったんですけどできないんです・・・

だから向いてないと思って諦めてたんです。」

 

 

よ~く気持ち分かります(笑) 

私もはじめはそうでしたから・・・

 

スキルアップスクールで習っても

その時は少しできたような・・・

でも、その後また全然できなくて・・・

 

何回やっても高次元のメッセージが

分からない、

本当に心が折れました(笑)

 

 

ですから途中諦めて半年ほど

身体の感覚を高める、

波動を上げることだけに専念しました。

 

 

その経験がサイキック能力開発スクールの

原点でもあります。

 

 

結果、オタク心に火をつけ

眼に見えない世界を探究することに

夢中になるいい修行を

させてもらいました(笑)

 

 

参考記事

 

 

チャネリングやリーディングが習ったけどできない原因は・・・

 

私には「できてない」「できない」という

思い込みのブロックもありますが

 

そもそもスキルアップされたスクールの

性質はどんなものでしょうか?

 

 

プロレベルに至るまでの

カリキュラムでしたか?

 

 

講師のスクールに対する姿勢や

サイキック能力開発の

指導ができるレベルでしたか?

 

 

技術を教えているのに

「皆さんのタイミングでできます」や

 

「次元上昇によりみんな波動が

上がってきているので

誰でも高次元と繋がれるようになります」

など

 

言われる方がいますが

エネルギーレベルの基礎を知らない、

無責任な方の言う事は

信じない方がいいと思います。

 

 

ヒーラーにとって

本人の害になる

エネルギーレベルでの影響が

リスクにあることに対しての事実に

無責任な人です。

 

 

目に見えない、

視覚化できないことなので

 

知っているのか、いないのか?

分からないですが

いい加減なことを言う人も

一部いるのは事実です。

 

 

中途半端なスキルアップにしないためには

1から基礎をしっかり学んで

その後、応用ができるようになって下さい。

 

 

小学生のときのお勉強と一緒です。

足し算、引き算、掛け算、割り算が

できないと基本的な計算ができませんよね。

 

 

エネルギーレベルも基礎を学ばなければ

応用レベルの技術、手法を

自分のものにできるまでの

感覚は磨かれません。

 

 

ヒーラーのお仕事を長く続けたければ

ご自分のために

「学ぶ時間」と「エネルギー」を

惜しまないで下さいね。

 

1、高次元と繋がる条件の整え方を知らない

 

・情報源が明確

・時空間がクリア

・ヒーラーがクリア

・セッション中はノンジャッジメント

・セパレーション方法

 

5つ基礎的なワークを知らないと

ヒーラー、クライアントさん両方にとって

安全で最善な

質の高いセッションはできないです。

 

 

セッションどきの空間の波動調整を

クリアなものにして

 

自分自身の心身を整えてから

高次の存在を信頼して

セッションを行うことが

明確な質の高い高次の存在との

繋がりを持てるのです。

 

 

スキルアップしたけど「できない」と

言われる方は

 

能力を発揮できる

最低限の条件を整えないまま

チャネリングやリーディングを行っている

可能性があります。

 

 

質の高い高次元と繋がるためには

ヒーラー自身の心身をクリアにすること。

 

 

セッション前の肉体の波動調整や

日々のヒーラー自身の

クリアリングの行い方

 

セッションどきにクライアントさんとの

エネルギーレベルでの影響を残さないための

セパレーションの方法

 

それらを正しくすることで

高次元の存在との繋がりを

明確なものにしていけます。

 

 

私たちヒーラー側が低い波動のままでは

愛と叡智の高次元の存在からの

高いエネルギーは受け取れないので

ご自身で「受け取る器」(ボディ)を

磨いていくことも必要なことです。

 

 

セッションどきの空間の波動調整も

とても大切です。

 

 

私たちの生活している空間には

様々な周波数(波動)が混同しています。

 

 

波動は低いもあれば高いもありますが

低い周波数(波動)が存在していると

セッションをするとき

高次元の情報を受け取るのに

時空間の波動が混線している状態になりますので

クリアにすることは必須です。

 

 

最後に1回、1回のセッションごとに

エネルギーレベルでの遮断を行い

他者からのエネルギーレベルの影響を

持ち越さないことは

 

自分のため、クライアントさんのために

プロとしてとても重要なことです。

 

 

2、チャネリングやリーディングができる光のボディへの変容のさせ方を知らない

 

参考記事

 

 

3、「できない」となっている時、どこに意識を向けているか?

 

できないとなっている時は

「ご自身でやろうとしている」

高次元の存在に委ねていないのです。

 

 

私たち人は三次元で身体感覚の癖で

「視ようとする」とそこへ意識を合わせます。

目に力が入る人が多いのです。

(サードアイに力を入れるのです。)

 

 

確かに高次元の情報はサードアイから

情報をキャッチするのですが

 

そこに力を入れると

「できない」となる

大きな理由なることにもなります。

 

 

チャネリング・リーディングをするときに

この「やろう」「視よう」とする状態を

緩やかにする

「意識の置きどころ」を知ると

 

「何か観えたけどすぐ消えました。」

「何かあるんですけど言葉がでてきません。」

などという所が解消されます。

 

 

実際にAngelpalaceの受講生さんたちは

基本通り実践されて

 

「できない」「分からない」となっても

アプローチを変えて

この3の方法で実践して頂きますと

ほぼできるようになられます。

 

 

繋がるコツを身体で

覚えてもらうという感じでしょうか?

 

 

1、2、3は全て

サイキック能力の開発でもあります。

 

 

エネルギーストリーミング

 

チャネリング・リーディングというのは

エネルギーストリーミングを行います。

 

ありとあらゆる感覚器官で伝わってきます。

・視覚

・聴覚

・感情

・味覚

・嗅覚

・触覚

・直感

・身体感覚

 

エネルギーは情報です。

 

 

そのエネルギーをありとあらゆる器官で

受け取れることを

エネルギーストリーミングといいます。

 

 

このエネルギーストリーミングが

できるようになるコツは

 

「肉体ごと時空間と一体化」させるのと

「意識の置き所」を覚えると

できるようになります。

 

 

このエネルギーストリーミングのコツを

教えなくても

 

チャネリングやリーディングするときに

神聖ボディに変容されたら

勝手にできるようになっている方もいます。

 

 

アカシックレコード・リーディングは

アカシックレコードへアクセスできるように

なればできるのですが

 

リーディングの基本は

情報をキャッチし、

三次元の言語化をしながら伝えるのは

 

時空間と一体化して

エネルギーストリーミングをすると

 

でてきた情報に対して

「A」と「B」という別々の事象の関連性や

繋がりというのが

早く理解できるようになります。

 

 

スピリチュアルの世界で言う

点と点が繋がるということです。

 

 

参考記事

 

できない、分からないのは情報にアクセスするアプローチを変えないから

 

ヒーラーという職業は

微細なエネルギーを扱う職人だと

私は思っています。

 

 

練習中に高次元と繋がりメッセージを

受け取ることをしていくのですが

 

この時、解らなかった場合

できないものを「できないまま」にせず

情報にアクセスする

アプローチの方法を変更する、

 

そうしますと違う角度から

別のものが「観えたり」「感じたり」

「聞こえたり」してくるんです。

 

 

「できないもの」を

「できないまま」にしない・・・

別のアプローチからへの変更。

この事を教えて貰うのは大切です。

 

 

講師が受講生さんの能力を把握していれば

フルセンサリーへ統合させる方へと

導くはずなのです。

 

 

能力の長けている所、伸びていない所を

見極められる講師なら

よっぽどご本人様がサイキック能力を

解放するにあたっての

ブロックがない限りは

 

その人が長けている能力を引き出しなら

伸び悩んでいる能力を引き出す

別のアプローチの方法を

教えるはずです。

 

 

スキルアップをしていくのに

かかった時間が関係あるかと言えば

そうではないですが、

技術職はやはり1日やそこらで

できるようになるとは

私は思えないです。

 

 

できる人もいられると思いますが

セッションをしてクライアントさんから

金銭を頂けるまでには到底なれないはずです。

 

 

何日習ったからという訳ではないのですが、

1回のスキルアップスクールに通ってみて

できないと諦めている方、

 

確かに「できない」「分からない」のに

チャネリングやリーディングを練習するのは

段々と自己嫌悪に陥りストレスになるので

やりたくなくなってきて当然ですが

(過去の私もそうでした・・・)

 

 

スピリチュアルの世界に関心があり

ヒーラーとして

お仕事をしてみたかった想いが

残っているなら

 

もう一度、信頼できる講師

受講生さんの能力を見極めて、

 

そのとき、そのときの成長段階で

最善なアドバイスをしてくれる

講師の元で、自分自身の「才能の発揮」

「サイキック能力の発達」を

試してみて下さい。

 

 

基礎レベルからを怠らず、

正しく取り組めば「できる仕組み」を

必ず覚えますので

 

次元上昇している今の時代は

今までより早いペースで

サイキック能力は解放され

本来のポテンシャルを発揮できます。

 

 

あなたの才能・能力は

自分自身でいかようにも「発達」させれます。

 

 

それには自分自身でできるようになる

サイキック能力開発や

ヒーラーのスキルを上達させる

地道な練習は必要ですが

 

自分自身の「能力の向上」は

どんなケースであれ、

新しい自己の「発見」でもあり、

未知への「遭遇」です。

 

 

サイキックに目覚めてこられた方は

自分自身の「才能」「能力」を

眠らせたままにしないで下さいね。

 

 

合わせてこちらの記事もお読み下さいね。

 

 

参考記事

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

中野こずえ

スピリチュアルヒーラー・カウンセラー。 光の存在たちと共にあなたの本来の神性さを引き出す潜在能力を解放して幸福へと導くサポートさせて頂きます。ライトワーカー、ヒーラーのための 能力開発の指導、スキルアップスクールを開催しています。