サイキック能力の種類とあなたの能力を活かすヒーラーとしてのスキル

 

あなたが発達している感覚は?

 

スピリチュアルなお仕事で必要になる感覚は

 

★透視力(クレアヴォヤンス)

「クリアな視覚」

 

サードアイを使って霊的領域や

高次元の情報を見ることができる

肉体の目では見えないものが見える能力

 

★霊聴力(クレアオーディエンス)

クリアな聴力

 

他の人には聞こえない霊的世界の音が

聞ける能力

 

★霊的知覚(クレアセンティエンス)

「クリアな感覚」

 

前触れもなく突然全身が

何かを感じ取る能力

 

 

★透知力(クレアコグニザンス)

「クリアな知」

 

突然情報がやってきて

真実が分かってしまう能力

 

そのことに対して

情報や物理的リサーチがなくても

それが事実として分かります。

 

 

 

高次元のエネルギーをキャッチする

主要な感覚器官は4種類に分類でき、

 

4種類全てを包括した状態を

フルセンサリー(全感覚器官)と言います。

私の場合はフルセンサリーです。

 

 

ツールを使わず

チャネリングやリーディングができると

 

大体は全感覚器官が発達してくるのですが

今、ご自身ができるスキルにもよりますが

発達している得意な感覚がそれぞれにあります。

 

 

元々の特定の感覚の能力が高かったから

得意になったというのもありますが

 

使っていると感覚が研ぎ澄まされてくる、

磨かれていくんですね。

 

リーディングというのは正しく習えば

誰でもできるようになるのですが

 

 

・ツールを使うリーディング

 

オラクル、タロットカードなどと

 

・アカシックレコードリーディング

 

アカシックレコードにアクセスし、

情報を読み取る

 

・オーラ・チャクラリーディング、透視リーディング

 

高次元と繋がりながら

エネルギーストリーミングしていき

情報を読み取る

 

 

簡単に言うとツールを使う方法、

 

ヒーラーが直接

高次元と繋がり情報を降ろす方法

 

大体2種類に分かれます。

 

 

全体を俯瞰して

あらゆる器官を使い情報を降ろし、

 

瞬時に点と点を繋ぎ合わせることが

できるようになるのが

ツールを使わないリーディングです。

 

 

情報の点と点を繋ぎ合わせるようになれると

フルセンサリーを使えていることになります。

 

リーディングスキル

 

・オーラ、チャクラリーディングは

「人の真実の情報」をオーラ、チャクラ各層の

顕在意識レベル~霊的な領域まで

読み取ることをします。

 

サイキック能力のバランスが必要にもなり、

全感覚器官が磨かれることにもなります。

 

 

カルマ解消などは

オーラ、チャクラにあるエネルギーの存在を

感知できないと行えません。

 

参考記事

 

・アカシックレコード・リーディングは

アカシックレコードが収められている

純粋なエネルギーの無限の空間の

情報を読み取ります。

 

 

アカシックレコードAKASHAは

「始まりのとき」から続く、

宇宙、魂の全記録が保管されています。

 

人生の書、宇宙意識、集合的無意識、

潜在意識、魂の記録など

 

過去、現在、未来のすべての知、

あらゆる思い言葉、

行動を保存する宇宙のシステム、

 

全ての人間の経験の倉庫、

全ての出来事の記録、全ての意識の集合体、

 

宇宙が誕生したときからの

ミクロからマクロまでのあらゆる事象、

波動全ての記録です。

 

参考記事

 

・オラクルカードリーディングは

たくさんの種類があり、具体的な質問や

大まかな状況を知ることができます。

 

手法は2つあり、カードデッキを購入したときに

ついている「解説書」を使う方法と

 

「解説書」を使わずスプレッドの方法をもとに、

カードリーダーがクレアな能力を使い

リーディングをします。

 

 

視覚で捉えることをし視る」ことで

情報を読み取る能力が

長けていることになりますので

 

高次元から直接情報を降ろすよりも

カードがあった方が

リーディングしやすいという方もいます。

 

 

逆もあり、カードなどを

視覚で捉えることをすることで

「一拍」遅れることをしてしまうので

 

高次元と直接繋り、

情報を降ろすリーディングの方が

得意になる人もいます。

 

 

クライアントさんの根源的な問題解決を

サポートできるヒーラーになりたいなら

 

ツールを使わないリーディングが

できるようになられるほうがいいですね。

 

 

高次元と直接繋がり情報を降ろす方が

アクセスしている領域の範囲が違いますので

結果を早くだせるようになります。

 

 

明確な高次元の存在と繋がらないと起きる危険

 

明確な光の存在たちとの繋がりを持つには

サイキック能力の解放と開発させることが

必要になります。

 

 

繋がる次元が低いと「魔境」に陥る可能性、

「霊障」に憑かれることがあります。

 

 

次元が低いということは

低い存在と繋がることになり

ネガティブエネルギーの影響を受けて

 

降ろす情報が、

愛ではない支配的な内容であったり

「我欲」を増長させるものだったりします。

 

 

高次元とはかけ離れている

低い次元と繋がるのは

 

そのエネルギーを身体全体で

浴びていることにもなり、

 

オーラ、チャクラにエネルギーレベルで

刷り込まれます。

 

 

ヒーラー自身が邪気により蝕まれる原因になります。

 

参考記事

 

 

明確な高次元と繋がるには

セッションをする際に

 

しっかりと環境、時空間の設定、

自分自身のボディを整えることで

 

フルセンサリー使える

ヒーラーとしてお仕事が

安心、安全にできるようになられます。

 

 

参考記事

 

 

フルセンサー使って光の存在たちと

繋がれるようになると

 

日常生活で意識レベルも高くなり、

通常の三次元のレベルが俯瞰して観る事ができ

波動が高い状態でいれるのです。

 

 

チャネリング、リーディングのスキルアップは

 

「私にはできない?」「難しいのでは?」と

言われる方もよくいられるのですが

 

 

チャネリング、リーディングが

できるようになる

 

正しい順序を学び

ご自身でも訓練されていけば普通にできますよ。

 

 

やはり1~10まで正しく理解すると

いう事が大切なんですね。

 

 

1から10まで段階を1つ、1つ上らず

1、3、5、6、8、10のように

 

段階を飛ばしていると

どこか抜けていて

磨かれるべき能力が、「磨ききれていない」と

いう事になりがちです。

 

参考記事

 

 

ヒーラーとしてのスキルアップは

どこまでサイキック能力を解放できるかは?

ご本人様のセンスも関係はあります。

 

 

正しいサイキック能力開発のやり方で

ポテンシャルを引き出していけば

誰だってサイキック能力は解放されます。

 

 

その後はどこまで上達されていかれるか?は

他人様を相手にリーディングの

「練習」「経験」を積んでいかれる事です。

 

 

ご自身の能力に「慣れる」ことをしなくては

スキルアップはできないのです。

 

 

ヒーラーとして精度の高いセッションが

できるようになるまでは

 

ライトワーカーとしての

霊的成長、進化の過程です。

 

 

得意な感覚器官を磨いて

オリジナルな精度の高いセッションが

できるようになるのは

 

居心地のいい場所で止まらず
(進化、発展させず)

霊的成長と向き合いながら

自分自身の能力を信じることです。

 

 

 

参考記事

 

 

 

 

 

 

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

中野こずえ

スピリチュアルヒーラー・カウンセラー。 光の存在たちと共にあなたの本来の神性さを引き出す潜在能力を解放して幸福へと導くサポートさせて頂きます。ライトワーカー、ヒーラーのための 能力開発の指導、スキルアップスクールを開催しています。