【重要】サイキック能力解放・開発はグラウディング力が必要な理由

 

スピリチュアルの世界では、サイキック能力の開発に関心がある方が多いと思うのですが、正しい能力の開発の方法を知らない方が多いのが現状だと思います。

ヒーラーとしてスキルアップしていくのに、サードアイ(第3の目)を開く事は皆さんご存知であり、それだけに夢中になられる方も実際にヒーラーの世界で私は観てきました。

これは無料メールレッスンでも書いているのですが、サードアイ、松果体だけを開発していくのは危険な行為なんですね…

サードアイを正しく解放しないと及ぶ危険

各チャクラはエネルギーの出入り口になっているのですが、スピリチュアルな世界に関心のある方で直観や透視能力を高めるために、第6チャクラだけを活性化させる方がいます。

グラウディングができていない状態で、サードアイを含む上位のチャクラを開くのは、下位チャクラにエネルギーが降りない状態なのでエネルギーの循環ができていません。

エネルギーが上から下に流れず、第6チャクラで溜まると気が上がり過ぎている、過剰にエネルギーが頭部に昇ってしまい、脳が「オーバーヒート」する原因になり「妄想」「幻覚」をみるため危険です。人によって「魔境」に陥る人も出てきます。

魔境に陥ることや妄想を観る世界というのは、簡単に説明しますと高次元の世界と繋がっていると勘違いをし、低い次元と繋がるとその存在に「憑依」されたり、サードアイをコントロールされることになり(思考を支配される)その存在と同調しエネルギーの共鳴をしていることになり、自覚していない間に「霊障」にかかることが出てきます。

妄想を観ている状態は、人によっては物質次元のことがおろそかになり、気が散漫しているような状態で、必要な適切な判断ができず頭が回転していないようにも見られ、社会でのコミニケーションに支障がでます。

人によっては三次元レベルで生きるためのバランスが取れないようになる、スピリチュアルの世界に偏りすぎの現実の認識が歪む、世捨て人のような人になります。

松果体の活性化をすることで第3の目(サードアイ)が開かれサイキック能力は開発される引用

 

参考記事

 

グラウディング強化は霊的成長やサイキック能力の開発の基礎

 

サイキック能力の解放するには、肉体のエネルギーの通り道を正しく循環されないとサイキック能力の解放は、少し発達させれた「開花」程度で終わるのですね。

私自身ヒーラーとしてお仕事していく上で、ポテンシャルを上げる為に波動を変容させるための様々な肉体の開発に取り組みました。

ほとんどがエネルギーワークで、自分のエネルギー体を含む肉体の波動の周波数を変容させる事だったのですが、グラウディングも途中からは、天地を繋ぐやり方に変更していきました。

グラウディングは下(地)へと繋がる事を教わるのが多いのですが、天とも繋がないとエネルギーの通り道が正しく循環されないのです。

 

サイキック能力能力アップには体感と体幹が必要

 

人の身体の大きなエネルギーの通りは、背骨のエネルギーで神経中枢に関わりがあります。様々な病気になるとエネルギーの巡りが滞りますが、このエネルギーの循環を良くする、正常に戻すことで、その病気、麻痺的なものやがん細胞が消滅されたりというケースもあります。

背骨のエネルギーの通路にある通路から、クンダリー二と言われるスピリチュアルなエネルギーが下から上へと上昇されて流れることで、第6チャクラへ到達します。

サードアイが開くことでサイキック能力解放・開発させることができるのですが、宇宙と共振する高次元意識へと目覚めさせていく覚醒への道へも繋がります。

サイキック能力の開発するにあたって、クンダリー二エネルギーの解放をさせることを推奨している訳ではないのですが、霊的成長をするには背骨のエネルギーの循環が正しくされることで、サードアイ(第3の目)、第6チャクラが解放されていくことは事実です。

背骨のエネルギーは生命エネルギーでもありますので、生命エネルギーが弱いと三次元で生きる力や物質次元で望むことを顕現させることができません。

物質次元へ具現化させるパワーが足りないということですから、人生の「質」に影響があります。波動が高くなる心身が変容するときは、軸がしっかりしていると土台が安定しているので「揺れ動く」ことがあっても潜在意識の抵抗などに流されず、動いても元に戻ってこれます。

建物などで例えると土台が安定していないと台風レベルの風が吹けば、一瞬で吹き飛ばされますよね。

それと同じで人の波動が変容されるときに、不安定な状態になりがちなときにも、軸がぶれないでいると少し気持ちが揺らいでも元に戻ることができます。

よく同じことで迷い、悩む方は、意志の決定力、行動力が弱いはずです。自分軸が弱いので他者や周りを気にしたり、前進するパワーが足りないので躊躇し、同じポジション(環境、状況)にいつも自分を置いたままなのです。

人の肉体は様々なエネルギーを受信したり(受け取る)自分から送信したりできる(放出)電子機器のような器です。

様々な生命エネルギーの周波数を受け取るには、肉体の器のチャンネル(回路)が開きやすい環境が必要です。

グラウディング強化をすると「下降するエネルギーの流れ」「上昇するエネルギーの流れ」は「顕在化するエネルギーの流れ」「解放するエネルギーの流れ」が循環されることになります。

女性エネルギー、男性エネルギーの陰陽統合され、精神、肉体、魂が統合される、霊的向上に繋がっていきます。

 

 

参考記事

 

天と地を繋ぐグラウディング効果と安全性

 

人の肉体は宇宙からエネルギー供給されています。エネルギーは強度を増すほど「陽」に傾く傾向があり、私たちのエネルギーが大地に繋がると過剰な「陽」エネルギーを大地に放出させることができます。

大地の「陰」のエネルギーを身体へ吸収し、腎臓の中の陰を強め、冷熱のバランスをとるようにします。

背骨のエネルギーの通りがよくなることは、細胞を活性させることになり、陰陽統合のバランスがとれたエネルギーの巡りの循環が行われていきます。バランスをとるとは過剰なエネルギーの流れや消極的な活性化されていないエネルギーの巡りではなくなることです。

地に足が根付いていない状態で、エネルギーが上昇しっぱなしになるとエネルギーが脳でオーバーヒートを起こすと松果腺に影響が出るので、脳波が乱れることになり「幻覚や妄想」などを引き起こす原因になります。

(サード・アイだけをいきなり開発させてはいけない原因です。)

グラウディング力を強化していくのは、危険を回避しながら潜在能力の解放をさせて、サイキック能力開発できる方法なのです。

グラウディングができると地球に自分自身を根付かす力が備わり現実では生命エネルギーが強化されていくことで意志の決定力が強くなり、自分自身の想いを形にする自己実現ができてきます。

その先に魂と共鳴できる霊的成長、進化へのプロセスがあるのです。

 

参考記事

 

立ち方がサイキック能力を発達させる秘訣

 

毎日の地味なエネルギーワークの積み重ねによって、グラウディングの力は強くなっていくのですがグラウディング力をつけていくには、背骨のエネルギーの循環、通りをよくする「立ち方」を整えていく、立ち技法でのグラウディングが必要になります。

サイキック能力解放・開発は安易なものでは、本来の備わっている力を発揮できるまでになる正しい能力開発になっていないことが多々あります。

潜在能力の解放は地味な作業ですが、どこまでコツコツ積み重ねていけるかで、三次元で眠らせている才能・能力を発揮させる容量が違ってきます。

スピリチュアルヒーラーというお仕事は、エネルギーを扱う専門の技術職だと私は思っています。技術職というのは「匠な技」を磨くことをすることがその人のお仕事の「質」プロのレベルでの違いがはっきりと出るのです。これはどの業界でも同じですよね。

ヒーラーは自分自身の心身を整えサイキック能力開発を続けることが、ポテンシャルを発揮することになります。

楽に簡単に・・・ということが流行ったスピリチュアル業界ですが、何事も努力なくして成長、進化はありません。

自分の能力を磨くことは、高次元のエネルギー伝授だけでは発達、発展されるものでもありません。備わっているものが発揮できることになるとそれは消えることのない永遠のものになります。

成長、進化あってこそ繁栄していくのが、世の中の道理でもあり、宇宙の法則です。最大限に自分の能力を発揮されることは、人生の向上になります。そのための時間とエネルギーを惜しむことはされないで下さいね。それがヒーラーとしてお仕事を安全、安心に続けられることでもありますよ。

 

参考記事

 

 

 

     

ABOUTこの記事をかいた人

中野こずえ

スピリチュアルヒーラー・カウンセラー。 光の存在たちと共にあなたの本来の神性さを引き出す潜在能力を解放して幸福へと導くサポートさせて頂きます。ライトワーカー、ヒーラーのための 能力開発の指導、スキルアップスクールを開催しています。