覚醒とは真実のハートを開く(更新追記)

 

人類の進化と共に意識が

高くなることが起きています。

 

 

それはハートを開くとも言えます。

 

 

マインドではなく真実を感じる

ハートが磨かれるのです。

 

 

内側の奥にあるハートです。

 

 

第1チャクラ~第3チャクラ、

第5チャクラ~第7チャクラ

 

2つのバランスを取るのが

第4チャクラのハートチャクラです。

 

日本人特有の遺伝子(DNA)

 

覚醒するというのは目指すものでもないですし

テクニックやノウハウで

できるものではありませんが

 

チャクラからのアプローチでは

上記に書いたように

 

上のチャクラと下のチャクラの

バランスがとれないと

覚醒には至らないのです。

 

 

日本人の場合は上のチャクラ

第5~7チャクラは開いているのですが

 

物質次元に対応している「下」のチャクラが

弱いのです。

 

生命エネルギーとも言える、

バイタリティーが西洋人に比べると

圧倒的に少ないです。

 

 

人としての資質を考えますと

礼節を重んじる謙虚な姿勢があり

霊的に高い人種であるのは事実です。

 

 

このことはサイキック能力開発を

していく上で

 

グラウディング力を強化しなくてはならない

日本人特有の性質にも関係があります。

 

この2年ほどは特にスピリチュアリティに

目覚める人が増えていることは

地球全体で起こっていますが

 

私たち日本人はまだまだ

元々持っている霊性を活かしきれていません。

 

 

参考記事

 

 

真実のハートを開くとは・・・

 

人間愛を養うのではなく

もっと大きな宇宙の天意(アイ)

空を感じる所です。

 

 

深い叡智を知ることができてくるとき

初めて陰・陽統合が起き、

すべてのバランスが整います。

 

「表と裏」「光と闇」の

二極を両方観ることができます。

 

 

片側の側面だけを観て

真実とはならないことが

 

宇宙の仕組みの中では

たくさんあるのです。

 

 

カルマの法則などは

その典型的なものだと想います。

 

 

そしてハートを開くことが

できるようになると

潜在能力を発揮できるようになります。

 

 

 

私自身このことに氣づいていったのは

スピリチュアル・コアスクールの

アドバンスコースのバージョンアップが

完成したときです。

 

 

参考記事

 

人は肉体を持っているけどそれだけの存在だけではない

 

肉体+スペースというのが

私たち人の真実なんですね。

 

 

観察者として俯瞰して観れると

自分自身の人間レベルの意識を

 

高次元意識へと同調できるように

変容することになります。

 

 

観察者としての立ち位置、

自覚が芽生えると

 

現実世界で体験していることを

俯瞰して観れるようになるので

現象に振り回されることが少なくなります。

 

 

人に対していい意味で

関心がなくなることでもあるのですが・・・

 

 

すべてにおいて「信頼する」

自分自身の選択を信じる、

人の可能性を信じることができます。

 

 

ヒーラーとしてお仕事するには

クライアントさんの能力を

 

絶対に信じるということが必要なのですが、

この辺りもクリアになってきます。

 

 

ハートの奥底感じ

そこに存在の位置を確信していくのが

霊的成長、進化なのです。

 

 

三次元の世界にいながら

どこか別の次元にいる感覚になってき、

 

全ての時間ではないですが

「いまここ」と言われる所に

意識をおけるようになります。

 

 

「いまここ」とは現在のことではなく

時間のない世界でもあります。

 

 

慣れるまでは少しバランスを取る

期間がありますが

 

慣れると絶対的な安心感のようなものに

包まれている感覚なのですが

 

この辺りのことは

口や筆で伝えるのは難しいですね。

 

 

それをワンネス、

自他の境界線がない世界と

表現される方もいるようですが

 

そのワンネスをずっと感じるのは

三次元の二極の世界では難しいかも知れません。

 

 

至福感もありますが

真実とはときに残酷に観えることがあり

 

それが宇宙の法則の真実と知ると

なんともやるせない気持ちを持つのも

体験当初はあります。

 

 

過去に本当の覚醒者が

自死を選んだりした人たちがいるのは

 

真実に触れると生きがいに

感じていたことが必要ない・・・

 

自分自身の必要性を

見出せなくなるからかも知れませんね。

 

 

覚醒者の孤独というのを

越えられなかったのではないのかな?と

最近感じました・・・

 

 

スピリチュアルの世界でたくさんの方が

ちょっとした至福感などを

覚醒と言われる人もいますが

 

いっときの高揚感にしかすぎず

真実のハートを開いたわけではないと思います。

 

 

裏側の側面を観たら決して

甘いことばかり言えないのですよ。

 

 

宇宙の真理でもあるカルマなどは

ときに残酷すぎることがありますが

 

それでも宇宙的レベルでは

バランスをとるために行っているのですから。

 

 

自称覚醒者の方がよく

宇宙には「愛」しかないと語られますが

それは事実ですが

 

人間レベルの「愛」と

宇宙と同調、共振していくのは別物です。

 

 

三次元の二元性の世界は

相対性の世界でもあるので

無条件の愛などは成立しないと思います。

 

 

聖者の方々はわざわざ「愛」など語りません。

宇宙の天意(アイ)を「愛」と言ってしまうのは

とても陳腐に感じてしまいます。

 

 

潜在能力の解放

 

霊的成長をしながら

ライトワーカーとしての活動のために

能力を解放されていくことは

 

これからの時代

とても大切なことで

もう常識と言ってもいいかも知れません。

 

 

真実を伝えられる

神聖ヒーラーとして繁栄は

 

霊的成長、進化がなくては

そこまで到達できないです。

 

参考記事

 

 

真実を知ることはときに

宇宙の法則の残酷さを

知ることでもあるのですが

 

そのことを腑に落とせるからこそ

「揺るぎない光を放てる」

人になるのだと私は思います。

 

 

覚醒へのプロセスの段階では

課題を越えていく痛みを伴うことも多く

 

自分自身の真実から逃げず、

向き合う強さがないと

ライトワーカーとして活動はできないのです。

 

 

強くなければ人に優しくはなれないのです。

 

 

自分自身の軸がぶれるようでは

明確な高次元との繋がりなど

築くこともできません。

 

 

特にアセンションが進んでいる今は

明確な高次元と繋がれる

能力を磨くのは必要です。

 

 

今まで繋がっているつもりでも

自身の身体の開発をされないと

繋がれない人もでてきているはずです。

 

 

私自身は何があっても

精度の高い技術を身につけて頂ける

 

神聖ヒーラーを育成することへ

力を注ぎたいと想っています。

 

 

参考記事

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

中野こずえ

スピリチュアルヒーラー・カウンセラー。 光の存在たちと共にあなたの本来の神性さを引き出す潜在能力を解放して幸福へと導くサポートさせて頂きます。ライトワーカー、ヒーラーのための 能力開発の指導、スキルアップスクールを開催しています。